PlayStationは最新の買収で大きなeスポーツをプレイします

ソニーは、リーダーボードトーナメントを主催し、プレーヤーのパフォーマンスを追跡するサイトであるeスポーツプラットフォームRepeat.ggを買収しました。

GamesIndustry.bizに対する声明の中で、Sonyのグローバル競争ゲーム担当副社長であるSteven Robertsは、次のように述べています。

「Repeat.ggは、簡単に参加でき、何百万人ものプレーヤーに拡張できる新しいトーナメント形式を可能にするように設計されました」と、Repeat.ggのCEOであるアーロンフレッチャーは付け加えました。 「PlayStationチームに参加し、スキルレベルに関係なく、ゲーマーが楽しめるさまざまなトーナメント体験を強化するために協力できることを嬉しく思います。」

リピートは、 @PlayStationと多くの素晴らしいゲームスタジオの本拠地であるソニーインタラクティブエンタテインメントファミリーの一員であることを発表できることに興奮しています。

詳細はこちら-> https://t.co/YSTWDqCIMO pic.twitter.com/Nxa02HE4HF

— Repeat.gg –トーナメント(@Repeatgg) 2022年7月18日

Repeat.ggのデジタルマーケティングおよび成長マネージャーであるJeffShullは、PlayStationに参加することで、プラットフォームがより多くのリソース、ゲームタイトル、テクノロジーにアクセスできるようになり、プラットフォームをさらに成長させることができると述べました。彼は、プラットフォームがPlayStationのサポートだけに限定されるのではなく、ゲームコミュニティが最優先されることを明確にしています。

「私たちはPlayStationと並んでPC、モバイル、その他のコンソールを引き続きサポートします」とShullは声明で述べています。 「これには、利用可能なプラットフォームに関係なく、最も人気のある競争力のあるゲームタイトルの追加が含まれます。」

最近では、その広範なシングルプレイヤー限定タイトルで主に知られていますが、PlayStationは最近eスポーツ業界でより活発になっています。同社は昨年3月に格闘ゲームトーナメントのEvoを買収した。

その戦略的な推進に加えて、ソニーは2026年までに少なくとも10のライブサービスタイトルを立ち上げることを約束しました。今年はBungieとHavenを買収し、後者の最初のゲームはライブサービスでした。これらのライブサービスへのソニーの投資は、eスポーツ分野へのベンチャーとうまく相乗効果を発揮します。