PlayStationの2022年9月のState of Playで発表されたすべて

ソニーは、PlayStationプラットフォームに登場するタイトルを強調する新しいショーケースを数か月ごとにポップアップ表示します. 3 月と 6 月に State of Play プレゼンテーションが行われたため、ファンは今月本格的な PlayStation Showcase を期待していましたが、ソニーは東京ゲームショウに先立って 9 月 13 日に別の State of Play を開催することを決定し、PS4、PS5、そしてプレイステーションVR2。 6 月のステート オブ プレイでは、ストリート ファイター 6ファイナル ファンタジー XVIバイオハザード 4 のリメイクなどが取り上げられたため、このプレゼンテーションには多くの内容が盛り込まれていました。

20 分間続き、10 のゲームをフィーチャーした、それほど印象的ではありませんでしたが、表示されたすべてのタイトルは、独自の方法で興味をそそられました。特に、次の鉄拳ゲームと、11 月のリリースに先立って、 ゴッド オブ ウォー: ラグナロクのエキサイティングな予告編を確認しました。これは、2022 年 9 月の State of Play で PlayStation が行ったすべての発表です。

PS5向けに鉄拳8が発表されました

ショーの最初の発表は鉄拳 8でした。風間仁と三島一也が登場するカットシーンとゲームプレイを見ましたが、これまでと同じようにインパクトがあり満足のいくものでした。 PlayStation ブログの投稿で、原田克弘氏は、このコンテンツはゲームのストーリー モードから直接取得され、毎秒 50 フレームで実行されると説明しました。リリース日はありませんが、PS5 で確認されています。

ドラゴンイシンのように!ついにリメイクで西にやってくる

リャ・ガ・ゴトク:イシンはフルリメイク扱いを受けています.このゲームは 2010 年代初頭に PS3 と PS4 向けにリリースされましたが、当時西洋でヤクザ シリーズが人気を博していなかったため、北米やヨーロッパに進出することはありませんでした。現在は「 Like a Dragon: Ishin!」というタイトルで、Unreal Engine 4 でリメイクされ、2023 年 2 月に PS4 と PS5 向けにリリースされます。

ゴッド・オブ・ウォーは見栄えが良く、テーマ付きのDualSenseコントローラーを入手しています

ショーを締めくくるために、ソニーは次のゴッド オブ ウォー ゲームに基づく限定版の DualSense ワイヤレス コントローラーが 11 月 8 日に発売されることを明らかにした後、ゴッド オブ ウォー: ラグナロクの詳細を紹介します。 Kratos、Tyr、および Atreus の間のより多くの相互作用、およびプレイヤーがゲーム中に遭遇する畏敬の念を起こさせるファンタジーの敵とセット ピースを特徴とするいくつかの新しいゲームプレイが見られました。 God of War: Ragnarokは 11 月 9 日に発売されます。

ほかのすべて

  • Star Wars: Tales from the Galaxy's Edge Enhanced Editionが PlayStation VR2 に登場します。
  • デメオがPlayStation VR2に登場。
  • Hogwarts Legacyは、PlayStation 限定のクエストを取得しています。
  • Ironwood Studio のデビュー ゲームであるPacific Driveが発表されました。
  • ソニーはPlayStation Starsの仕組みを説明し、今月後半にさまざまな地域で展開を開始することを確認しました.
  • バンダイナムコは、 Synduality と呼ばれる新しいメカ ゲームを発表しました。
  • PlayStationは、昨年のPlayStation ShowcaseでデビューしたStellar BladeProject EVEとして公開し、2023年に発売する予定です。
  • ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、2024年にコーエーテクモゲームスのチーム忍者からRise of the RoninをPS5限定として公開しています.