Platin Audio のワイヤレス ホーム シアター スピーカー システムが Dolby Atmos に対応

真のドルビーアトモスホーム シアター サウンド体験を得るには、選択は非常に簡単です。 A/V レシーバーを購入して多数の有線スピーカーに接続するか、サウンドバールートに進みます。 Platin Audio の新しいMonaco 5.1.2 ワイヤレス ホーム スピーカー システムは、9 月 13 日から 1,499 ドルで予約注文でき、10 月中旬に配送が開始されます。

Platin Audio Monaco 5.1.2 Dolby Atmos WiSA システム。

Monaco 5.1.2 には、2 つのフロント スピーカー、2 つのサラウンド スピーカー、センター チャンネル、およびサブウーファーが含まれており、これらはすべてワイヤレス オーディオ用の WiSA システムを介して通信します。これは、各スピーカーが独立して電源供給され、同じ部屋内のどこにでも配置できることを意味します。スピーカーは、付属の WiSA サウンド センド モジュールからワイヤレスで信号を取得します。WiSA サウンド センド モジュールは、8 チャンネルのロスレス オーディオを最大 24 ビット/96kHz で非常に低いレイテンシーで送信できるため、オーディオ同期の問題は発生しません。

Platin Audio は WiSA プラットフォームをよく知っています。2021 年に同社のMonaco 5.1 システムを調べたところ、同様に構成されたサウンドバーに代わる価値のある代替品であることがわかりました。しかし、当時、私たちは 2 つの課題に気付きました。まず、Dolby Atmos との互換性がありませんでした。これは、空間オーディオ形式の人気が高まっていることを考えると、機会を逃したように思えました。そして第二に、システムは、すべてのオーディオ再生の中心であるテレビにほぼ完全に依存していました.

Platin Audio Monaco 5.1.2 Dolby Atmos WiSA システム。

つまり、利用可能な光ポートを除いて、すべてのオーディオは TV のHDMI ARC または eARC ポートからサウンド センドの HDMI 入力を介してチャネリングする必要がありました。映画、テレビ、スポーツでは問題ありませんが、ストリーミング音楽、Bluetooth、ローカルデジタル音楽、ターンテーブル、Sonos ポートなどのデバイスなど、他のほとんどのオーディオに関しては非常に制限されます.

新しい Monaco 5.1.2 はまだこれらの音楽ソースの制限に悩まされていますが、少なくとも方程式の Dolby Atmos の部分は解決されています。左右の 2 つのフロント スピーカーにはアップファイヤー ドライバーが装備されており、天井から音を跳ね返してリスニング ポジションに戻し、Atmos の重要なエクスペリエンスであるハイト チャンネル エフェクトを実現します。

1,499 ドルの Monaco 5.1.2 は、1,648 ドルのSonos Arc /Sonos Sub コンボ、1,500 ドルのSony HT-A5000 /SA-SW3 コンボ、間もなく発売される 1,500 ドルのSennheiser Ambeoなどの印象的な装備のシステムと競合します。プラスサウンドバー。これらの製品は、Monaco のディスクリート サラウンド スピーカーに匹敵する価格ではありませんが、さまざまな音楽ソースを聴くという点で、より多くの汎用性を提供します。

それでも、WiSA システムは、A/V レシーバーベースのシステムとサウンドバーの両方に代わる魅力的な代替手段を提供するため、Monaco 5.1.2 は、一部の人々が探しているものである可能性があります。