Office365でキャッチオールメールボックスを作成する方法

キャッチオールメールボックスという用語に慣れていない場合は、ドメイン名を持つ無効な電子メールアドレスに送信された電子メールを受信できる電子メールアドレスです。

より実用的にするために、メールアドレスがgrey101@example.comであり、何らかの理由でクライアントがgray101@example.comにメールを送信するとします。このような間違いは、電子メールが送信者に返送される可能性があります。ただし、キャッチオールメールボックスを構成すると、そのようなメッセージを、アクセス可能な専用の受信ボックスに配信できます。

Office365でキャッチオールメールボックスを作成する方法を見てみましょう。

Office365と「キャッチオールメールボックス」オプション

多くのOffice365の顧客の間では、Catch-Allメールボックスはウイルス機能です。これは主に、電子メールアドレスでタイプミスが発生したときにビジネス関連の情報が失われるのを防ぐためです。残念ながら、Microsoftは直接サポートされていません。おそらく、Office365メールシステムに過負荷をかけるスパムメールの抜け穴を引き起こす可能性があるためです。

しかし、この警告を回避する方法があり、私たちはあなたにそれを受け入れるつもりです。ただし、キャッチオールメールボックスは外部ドメインから送信された電子メールに対してのみ機能することに注意してください。とはいえ、キャッチオールメールボックスを作成するためのステップバイステップの手順は次のとおりです。

キャッチオールメールボックスの構成

Exchange Online環境でキャッチオールメールボックス構成を実装するために、次の3つの簡単な機能を提案します。

  • 動的配布グループ
  • 共有メールボックス
  • ExchangeOnlineトランスポートルール

最後に、ExchangeOnlineの新しいトランスポートルールが必要になります。このルールは、キャッチオールメールボックスが動作する条件を実装する責任があります。

ステップ1:動的配布グループを作成する

最初のステップでは、動的配布グループを作成します。この配布グループには、外部ドメインから電子メールを受信するための組織のすべてのOffice365電子メールアドレスが一覧表示されます。動的配布グループを作成するには、次の手順に従います。

  1. Office365ポータル>すべて表示> Exchangeに移動します。 Exchangeをクリックすると、Exchange管理パネルにリダイレクトされます。
    動的配布クリック交換
  2. [交換]パネルで、[受信者]> [グループ]を選択します
  3. これを行ったら、[新しいOffice 365グループ]ドロップダウンメニューで+記号を見つけて、[動的配布グループ]を選択します
    動的配布グループウィンドウを追加
  4. 次に、[受信者] > [グループ]> [動的配布グループ]に移動します。これを行うと、いくつかの詳細を入力する必要がある新しいフィールドが開きます。必須情報は、表示名エイリアスおよびメンバーです。最初の2つには同じ名前を使用できます。
  5. メンバーを追加するには、[すべての受信者タイプ]を選択し、[保存]をクリックします

これで、動的配布グループが正式に作成されました。次に、共有メールボックスを設定する必要があります。

手順2:共有メールボックスを設定する

設定の2番目のステップは、共有メールボックスです。組織には多くの受信者がいるため、キャッチオールメールボックスから受信した電子メールを表示するための共有スペースが必要です。このスペースは共有メールボックスと呼ばれます。設定方法は次のとおりです。

  1. Office365ポータル>グループ>共有メールボックス> +に移動して、新しい共有メールボックスを作成します。
    グループの下の共有メールボックスを選択します
  2. 次に、[ Office365ポータル] > [グループ] > [共有メールボックス]に移動し共有メールボックスを追加します。ここで、ドメイン名管理者のメールアドレス追加し、[追加]クリックします。
  3. 表示されるタブで、[次の手順]をクリックし、[このメールボックスにメンバーを追加]を選択します。それをクリックして、共有メールボックスに入るユーザーを追加します。ここで動的グループを使用します。
    共有メールボックスのメンバーの詳細を追加する
  4. すべてのメンバーを追加したら、[保存]をクリックします。これで完了です。メールボックスがすべて設定されました。さて、あなたとあなたのキャッチオールメールボックスの間に残っているのはExchange OnlineTransportRuleです。

手順3:ExchangeOnlineトランスポートルールを作成する

これで、必要な人の動的リストを含む共有メールボックスができました。次の手順を使用して、キャッチオールのルールを作成します。

  1. ナビゲーションメニューに移動し、[すべて表示]> [ Exchange] > [メールフロー] >を選択します。 承認されたドメイン
  2. 彼女は、 Office365ポータル>すべて表示> Exchange >メールフロー>承認済みドメイン>を選択します。 内部リレー。
  3. ドメインの下で必ず内部リレーを選択してください。これは、トランスポートルールを機能させるための重要なステップです。したがって、このステップをスキップしないように注意してください。
    Exchange OnlineTransportで承認されたドメインウィンドウ
  4. 次に、ナビゲーションパネルに戻り、[メールフロー]> [ルール] > + > [新しいルールの作成]をクリックし、新しいルールにCatch-allという名前を付けます。次に、アプリケーション基準を作成する必要があります。
  5. 送信者がいる場合に移動し、[組織外]を選択します
    Exchange OnlineTransportで新しいキャッチルールを作成する
  6. 次に、最後に「次を実行」を選択ます> メッセージをにリダイレクトし、 CatchAllを選択しますこれにより、キャッチオールメールボックスを正式に作成できるようになります。
    アプリケーション基準を選択する

Exchange Online環境の仕組み(権限のあるリレーと内部リレー)

パブリックドメイン名がOffice365に登録されている場合は常に、そのドメインは承認済みドメインと見なされます。 Exchange Onlineサーバーは、登録されているパブリックドメイン名に対する唯一の権限として自分自身を認識します。

したがって、登録されたパブリックドメインから電子メールを送信しようとすると、Exchange Online Serverはグローバルアドレス一覧(GAL)を調べて、受信者のアドレスを探します。アドレスが存在する場合、メッセージは宛先に配信されます。ただし、アドレスがGALに存在しないことを検出した場合、送信者は受信者が存在しないことを通知するメッセージを受信します。

この問題を解決するには、登録済みのドメイン名をデフォルトのAuthoritativeからInternalRelayに変更する必要があります。この場合、送信者が存在しない受信者に電子メールを送信すると、Exchange Onlineは、送信者にエラーメッセージを送信する代わりに、メッセージを「他のメールインフラストラクチャ」に転送することを認識します。組織に複数のパブリックドメイン名を登録している場合は、各ドメイン設定を[権限]から[内部リレー]に個別に変更する必要があります。

前述したように、ExchangeOnlineはデフォルトでキャッチオールメールボックス機能をサポートしていません。これは、私たちが説明した方法を使用する必要があることを意味します。コードのような他の方法もあります。しかし、誰もが自分のプログラミング言語を知っているわけではないので、もっと単純なものに固執する方が簡単だと思います。

キャッチオールメールボックスを使用することのデメリットはありますか?

Office 365でキャッチオールメールボックスを使用することにはリスクが1つか2つある可能性があります。これらのリスクの最も明白なものは、このメールボックスが電子メールシステムとそれに接続されたアカウントに対する潜在的なフィッシング攻撃を許可する可能性があることです。

たとえば、外部ソースは、組織内の既知のアカウント名をターゲットにして、悪意のある電子メールをそれらの受信ボックスに送信できます。電子メールは破棄されるのではなく自動的にそれらのアカウントに送信されるため、これは重大なセキュリティリスクをもたらし、アカウント所有者の知らないうちに機密情報が組織の外部に送信される結果になります。

もうメールをお見逃しなく

組織に合わせてキャッチオールメールボックスを構成することの重要性を十分に強調することはできません。これらのメールボックスは、スペルミスまたはタイプミスの電子メールアドレスの救命ボートです。彼らの好意で、あなたはあなたのドメインに登録された電子メールアドレスでなされたマイナーなエラーのために重要な電子メールを逃すことに別れを告げることができます。

大量の水を入れる穴から転覆する可能性のあるすべての救命ボートと同様に、キャッチオールメールボックスも、多くのスパムメッセージから南に移動する可能性があります。したがって、キャッチを設定する前に、オプションを検討して準備を整えてください。組織のすべてのメールボックス。