Nvidia RTX 40 シリーズでは、消費電力を増やしてパフォーマンスを向上させることができます

Nvidia GeForce RTX 40 シリーズの仕様を新たにまとめたところ、興味深い機能である構成可能な TGP が明らかになりました。リークによると、次世代の Nvidia の最高のグラフィックス カードを使用すると、ユーザーはパフォーマンスを向上させるために消費電力を増やすことができます。これらはすべて、GPU を特定の TGP にロックするのではなく、ニーズに基づいて調整されます。

また、もう 1 つ驚きがあります。人気のある GPU がラインナップからなくなっているようです。

以下、読みやすいようにまとめました。ニュースではありません。
-RTX 4090、PG136/139-SKU330、16384FP32、21Gbps 24G、450W+。
-RTX 4080 16G、PG136/139-SKU360、9728FP32、23Gbps 16G、340W+。
-RTX 4080 12G、PG141-SKU340/341、7680FP32、21Gbps 12G、285W+。
私は基本的に仕事を終えました。

— kopite7kimi (@kopite7kimi) 2022年9月14日

PC ハードウェア スペースで有名なリーカーである Kopite7kimi は、Nvidia GPU 仕様のまとめを共有しました。大きな更新はありませんが、いくつかの変更が見られます。さらに重要なことに、コピテは「私は自分の仕事を終えました」と言ってまとめを締めくくりました。これは、これらの仕様が Nvidia がまもなく発表する本物の取引になる可能性があることを強く示唆しています。

AD102-300 GPU をベースに、16,384 個の CUDA コアと最大 2,520MHz のブースト クロックを備えたフラグシップのRTX 4090があります。このカードには、21Gbps でクロックされる 24GB の GDDR6X メモリが搭載されており、最大 1TB/s の帯域幅を実現します。ベースの TGP は 450 ワットと言われています。

RTX 4080 と RTX 4070 を提供する代わりに、RTX 4080 の 2 つの異なるバージョンを入手する可能性があるため、Nvidia はラインナップについて考えを変えたようです.

AD103-300 GPU を搭載した最初のモデルは、23Gbps で動作する 16GB の GDDR6X メモリを備えています。また、9,728 個の CUDA コアと、フラグシップに非常に近いブースト クロック (2,505MHz) も備えています。

これに続いて、AD104-400 ベースの RTX 4080 12GB モデルが続き、7,680 個の CUDA コアと最大 2,610MHz のより高いブーストクロックを備えています。カードの最初のバージョンには 340 ワットの TGP が付属しますが、より弱いモデルはより控えめな 285 ワットになるはずです。

少なくとも当分の間、RTX 4070 がリストされていないのは興味深いことです。以前のリークでは、AD104-400 GPU が RTX 4070 Ti または RTX 4070 内に収まることが示されていましたが、Kopite7kimi によると、Nvidia はそれを廃棄し、代わりに RTX 4080 の 2 つの異なるバージョンをリリースすることを決定しました。 VideoCardzはまた、Nvidia の取締役会パートナーは、これが今のところ変更されるとは考えていないと主張しています。

Nvidia GeForce RTX 4090 グラフィックス カードのレンダリング。

構成可能な TGP に戻りましょう。独自の匿名情報源を引用する VideoCardz によると、RTX 4090 のデフォルトの TGP は実際には 450 ワットですが、ユーザーはBIOSでそれを調整して最大 660 ワットに達することができます。 RTX 4080 16GB の場合、ベース TGP (340 ワット) は最大 516 ワットにブーストされる可能性があり、RTX 4080 12GB の場合、デフォルトの 285 ワットは最大 366 ワットになる可能性があります。

これは興味深い機能ですが、未確認です。ユーザーは、さらに高い消費電力とパフォーマンスの向上のどちらかを選択できます。ただし、リリースされたとしても、すべてのバージョンのカードに搭載されるとは限りません。

すぐに、これのほとんどが確認されるか、暴かれます。 Nvidia は、GTC 基調講演の一環として、9 月 20 日に大きな発表を行う予定です。