NOAAの新しい衛星からの最初の高解像度画像をチェックしてください

米国海洋大気庁(NOAA)は、最近配備されたGOES-18気象衛星からの最初の画像を共有しました。

見事なキャプチャ(下)は、衛星の高度なベースラインイメージャ(ABI)機器が、地球から約22,000マイル上空を周回するときに取得されました。

ABIは、16の異なるチャネルを介して地球を観測します。それぞれが電磁スペクトルに沿ってさまざまな波長のエネルギーを検出し、地球の大気、陸、海に関するデータを収集できるようにします。 NOAAによると、ABIのチャネルからのデータを組み合わせて、GeoColorと呼ばれる画像を作成できます。これは、人間の目が宇宙から見るものと似ています。さまざまな方法でデータを分析することにより、気象学者は関心のあるさまざまな特徴を強調して調べることができます。

「ABIは、短期的な予報と厳しい気象警報のために高解像度の画像と大気測定を提供します」とNOAAはそのウェブサイトで説明しています。 「ABIデータは、山火事、砂嵐、火山噴火、乱気流、霧などの環境ハザードの検出と監視にも使用されます。」

GOES-18は、私たちの惑星が回転する速度で移動しながら、赤道の真上の位置で地球を周回しています。これにより、NOAAの新しい気象衛星は、地球の同じ領域を常に監視して、気象条件と危険が発生するのを追跡できます。

3月1日にケネディ宇宙センターから打ち上げられたGOES-18は、NOAAの次世代GOES-Rシリーズの3番目の衛星であり、現在、それぞれ2016年と2018年に配備されたGOES-16とGOES-17と並行して運用されています。 。

NOAAの新しい衛星は、米国西海岸、アラスカ、ハワイ、メキシコ、中央アメリカ、太平洋を含む広大な地域を観測しています。

GOES-18は、打ち上げ後のテスト手順の一環としてシステムのキャリブレーションを継続しているため、テキサス州東部で大規模な雹、強風、竜巻、山火事、強風が発生し、ニューメキシコ。チリでは濃霧、ユカタンとフロリダでは雷雨も観測されました。

NOAAは最近、新しいGOES衛星の打ち上げにより、「西半球の環境モニタリングとハザード検出の世界が一変した」と述べました。