NASAは2022年2月に無人宇宙船のミッションを月に送ります

NASAは、来年初めに月に戻ることを確認し、無人宇宙船のアルテミス1号のミッションが2022年2月に開始されることを発表しました。

今週、エージェンシーは、世界で最も強力なロケットであるスペースローンチシステムへのオリオン宇宙船の積み重ねを完了しました。オリオンの航空機はロケットに持ち上げられ、所定の位置に固定されました。現在、来年の打ち上げに先立ってテストを開始できます。

NASAのオリオン宇宙船は、フロリダにあるNASAのケネディ宇宙センターにあるスペースローンチシステムロケットに完全に積み重ねられています。
NASAのオリオン宇宙船は、フロリダにあるNASAのケネディ宇宙センターにあるスペースローンチシステムロケットに完全に積み重ねられています。 NASA

「このマイルストーンが何を意味するのかを言葉で表現するのは難しいです。ここExplorationGround Systemsだけでなく、この点に到達するために一生懸命働いてくれたすべての信じられないほど才能のある人々にとって」とExploration GroundSystemsのMikeBolgerは述べています。プログラムマネージャー、ステートメントで。 「私たちのチームは、アルテミス1号の打ち上げに向けて多大な献身を示しました。継続的な統合テストとウェットドレスリハーサルにより、打ち上げに向けて行うべき作業はまだありますが、完全に積み重ねられたSLSを見るのは確かに私たち全員にとっての報酬です。 。」

テストは、異なる宇宙船システム間のインターフェース、ブースター推力制御などの特定のシステムのチェック、宇宙船と地上間の通信のテスト、打ち上げシステムへのカウントダウンのテスト、そして最後に「ウェットドレスリハーサル」の5つの個別のテストキャンペーンで構成されます。 」ウェットドレスのリハーサルでは、実際の打ち上げの場合と同じように燃料がロケットに装填され、ロケットが発射台に転がされて打ち上げカウントダウンが練習されます。カウントダウンが完了すると、最後の最後に打ち上げがスクラブされた場合の練習として、燃料が除去されます。

アルテミス1号のミッションでは、オリオン座が地球から月に向かう経路で打ち上げられ、数日間移動します。その間、地上のエンジニアはナビゲーションや通信などのシステムをチェックできます。月面から62マイル上空を飛行し、月の重力を利用して6日間軌道に移動し、データを収集してから地球に戻ります。

アイデアは、アルテミスIIとして知られる月を周回する乗組員のミッションの前にロケットとシステムをテストし、続いてアルテミスIIIとして知られる月への乗組員の着陸をテストすることです。