NASAは今年ボイジャー探査機の電源を切ることを開始します

宇宙で最も遠い人工物であるボイジャープローブは、間もなくシャットダウンのプロセスを開始します。 NASAによって構築された2つのプローブは、1970年代に発売され、数十年前のハードウェアはまだ動作していますが、驚くべきことに、電力レベルは毎年低下しています。今、NASAはプローブのシステムの一部の電源を切り始め、可能な限り長くそれらを動かし続けます。

この図に示されているNASAのボイジャー1号の宇宙船は、1977年以来、双子のボイジャー2号とともに太陽系を探索してきました。
この図に示されているNASAのボイジャー1号の宇宙船は、1977年以来、双子のボイジャー2号とともに、太陽系を探査してきました。NASA/ JPL-Caltech

Scientific Americanは、NASAが今年両方のプローブで一部のシステムの電源を切る予定であると報告しています。しかし、元々4年間のミッションのために設計されていたことを考えると、両方ともまだまったく動作しているという事実は信じられないほどです。 「私たちは44歳半です」とボイジャー探査機を扱ってきた研究者のラルフ・マクナットはサイエンティフィック・アメリカンに語った。 「それで、私たちはひどいことに10倍の保証をしました。」

ボイジャー計画は、木星、土星、天王星、海王星がすべて、地球からの片道の旅でこれらの惑星のそれぞれを訪れることができるように並んでいたとき、宇宙の調整の瞬間を利用することができました。プローブは木星の雲の画像をスナップし、木星の月イオでの火山活動のような新しい現象を発見し、土星の環を調査しました。

淡いブルードットの再考
ボイジャー1号が撮影したペイルブルードットの写真の30周年記念バージョンを更新しました。NASA

しかし、おそらくプローブの科学への最も有名な貢献は、それらがどこから来たのかを記録した画像でした。1990年にボイジャー1号が3.7で撮影した、宇宙の黒さに対する小さな点として地球を示す有名なペイルブルードットの写真。海王星の軌道を越えて、太陽から10億マイル。この写真は、それ以来、科学者や一般の人々に、広大な宇宙と地球の壊れやすい性質を思い出させてきました。

2013年と2018年に、ボイジャー1号と2号はそれぞれヘリオポーズと呼ばれる境界を通過し、星間空間に入りました。ヘリオポーズは太陽の太陽風の端であり、それを超えて移動すると、太陽系の最も遠い端にプローブが残ります。プローブはまだ機能しており、それらが浮遊している星間ガスを研究するために使用されています。

ただし、ご想像のとおり、プローブの40年前のハードウェアにはいくつかの問題があります。ボイジャー2号は、 2020年に電力グリッチに見舞われましたが、つい最近、ボイジャー1号の高度制御システムで奇妙なエラーが発生しました。しかし、彼らはまだデータを運用し、収集し、送信しており、彼らの寿命の最も楽観的な予測さえもはるかに上回っています。

今年は一部のシステムの電源がオフになっているため、2030年まである程度の能力で動作し続けることができる可能性があります。その後、2人の先駆的な探検家に別れを告げ、一人で暗闇に出航します。