NASAはメガムーンロケットの打ち上げ前テストを完了しました

NASAは、待望の月への処女ミッションの前に、次世代のスペースローンチシステム(SLS)ロケットの最終地上試験であったかもしれないものを完了しました。

これは、4月に同じいわゆる「ウェットドレスリハーサル」の試みが失敗した後、多くの問題が原因でテストが中止されたためです。

月曜日の重要なテストは、フロリダのケネディ宇宙センターの発射台39Bで行われ、午前7時37分(東部標準時)に終了しました。

全体の手順は約12時間かかり、SLSロケットの推進剤タンクに燃料が完全に搭載されるのは初めてのことでした。テストは模擬カウントダウンで終了しました。これは、多くの活動が急速に連続して行われるロケット打ち上げの重要な時期です。

今日の#ArtemisIウェットドレスのリハーサル活動は、カウントダウン構成を変更し、ロケットに推進剤を追加することに成功した後に終了しました。データを確認し、次のステップについて話し合うために会議を行います。アップデートの場合: https//t.co/rZxnWJ0Kbi pic.twitter.com/dKtFZeVWDF

— NASA(@NASA) 2022年6月21日

テストはまだ終わったばかりなので、どのように行われたかについての情報はほとんどありません。実際、NASAは現在、テスト中に収集されたデータを分析して、8月下旬にロケットとオリオン宇宙船を月に向けて打ち上げることができるかどうか、または車両でさらに作業を行う必要があるかどうかを判断しています。

テストが終了してから約1時間後にリリースされた最初のNASAレポートは、すべてが順調に進んだわけではありませんが、全体的にはうまくいったことを示唆していました。

機関は、月曜日の早い段階で推進剤の装填作業中に、エンジニアがモバイルランチャーのテールサービスマストからSLSロケットのコアステージにアンビリカルを取り付けるコンポーネントの水素漏れを発見したと述べました。 4月のテストでも水素漏れが特徴でしたが、2つの問題が関連しているかどうかはまだ明らかではありません。

NASAは、シールを再調整するために加温および冷却プロセスを使用して月曜日のリークを修復しようとしたが、その努力は失敗したと述べた。テストを続行することを決定したエンジニアは、実際の起動状況ではコンピューターにカウントダウンを一時停止するように促すリーク関連データをマスクする方法を見つけました。

エンジニアの行動により、チームは「ターミナルカウントと呼ばれるカウントダウンの最後の10分で再開できました。ターミナルカウント中に、チームは、地上発射シーケンサーからロケットの飛行ソフトウェアによって制御される自動発射シーケンサーへの制御の切り替えなど、発射のために実行する必要のあるいくつかの重要な操作を実行しました。これは、チームが達成したかった重要なステップです。」

テストは明らかに4月の取り組みよりもうまくいきましたが、NASAは、月曜日の手順中に表面化した可能性のある他の問題の中でも、バルブの問題に対処する必要があります。

NASAは、6月21日火曜日の午前11時(東部時間)にメディア電話会議でテストの完全な説明を提供します。以下のビデオプレーヤーまたはNASAのWebサイトで放送を見ることができます。

宇宙機関は、SLSロケットを使用して、8月下旬に打ち上げられる可能性のあるアルテミス1号のミッションで、無人宇宙船の月のフライバイに動力を供給します。アルテミス2号は同じ飛行経路に乗組員を派遣し、アルテミス3号は人類の宇宙探査の新時代を告げるミッションで、月面に最初の女性と最初の有色人種を配置します。