NASAは、6月までスペースローンチシステムロケットのテストを再試行しません

NASAは来月、新しいスペースローンチシステムロケットの別のテストを試みると、機関の関係者は今週確認した。ロケットが発射台に運ばれ、燃料で満たされるウェットドレスリハーサルの3回の試みが失敗した後、ロケットは6月上旬から中旬まで保管棟に留まります。

ロケットがケネディ宇宙センターのスペースシャトル組立棟(VAB)に残っている間、技術者は前回のウェットドレスリハーサルで明らかになった問題に取り組み続けます。最初のリハーサルは4月3日日曜日に行われました。 SpaceNewsが報じたように、NASAの関係者は電話会議で、4月4日の2回目のテストで開いたままになっていたヘリウムチェック値の交換など、テスト中に発生した2つの問題の修正が進んだと述べました。

NASAは、その中の小さなゴム片がそれを閉じるのを妨げたために値が開いたままになっていると言いました、そして彼らはまだゴムがどこから来たのか調査していました。

もう1つの問題は、ロケットに動力を供給するために使用された液体水素燃料の漏れで、 4月16日にウェットドレスリハーサルの3回目の試みが中止されました。この漏れの原因としては、ガスケットのボルトの緩みが考えられます。それ以来、これらは引き締められていました。 NASAのExplorationGroundSystemsProgramのシニアビークルオペレーションマネージャーであるCliffLanhamは、これでリークの問題は解決するはずだと考えていますが、燃料をもう一度ラインに流してみるまではわかりません。

NASAは6月上旬または6月中旬に4回目のウェットドレスリハーサルを試みると当局者は述べた。しかし、彼らはまた、ロケットを最初の軌道打ち上げに備えるために、このリハーサルの後にもう一度リハーサルが必要になるかもしれないと警告しました。

ロケットは今年6月にアルテミス1号のミッションの一環として打ち上げが予定されていましたが、早ければ8月に延期される予定です。