NASAのメガムーンロケットの打ち上げはどうなっているの?

NASA の次世代宇宙発射システム (SLS) ロケットは、まだ地上にあります。

フロリダのケネディ宇宙センターにある車両組立棟 (VAB) 内に固定されており、現在強風と集中豪雨で州を襲っているハリケーン イアンから安全に保管されています。

高さ 98 メートルの SLS ロケットは、初飛行が宇宙探査の新時代の幕開けとなる予定で、8 月末に打ち上げられる予定でしたが、コア ステージのエンジンの 1 つに 技術的な問題が発生し、約 70 時間で中止を余儀なくされました。リフトオフの数分前。

エンジンの問題が修正されたため、NASA は 9 月初旬に再試行しましたが、液体水素の漏れにより、エンジニアはその打ち上げ作業も中止することになりました。

NASA は、ロケットがまだ発射台にある問題を解決することを選択し、本当に必要でない限り、ロケットを VAB まで 4 マイル運ぶことを好まなかった。

しかしその後、ハリケーン イアンが襲来し、その撤去が本当に必要になりました。そのため、月曜の夜、NASA のクローラー車両が SLS ロケットを VAB に戻すために出てきました。

「NASA​​ のハリケーン準備プロトコルの一環として、「ライド アウト」チームは嵐の間中ケネディの安全な場所に留まり、センター全体の状況を監視します」と NASA は水曜日のウェブサイトへの投稿で述べました。 「嵐が過ぎ去った後、彼らは施設、財産、設備の評価を行います。追加の従業員がケネディに戻ることが安全になったら、エンジニアはプラットフォームを拡張してロケットと宇宙船へのアクセスを確立します。」

「マネージャーは、発射台に戻る前、または発射の次の機会を特定する前に、VABで実施される作業の範囲に関するオプションを確認します。技術者は、ロケットの飛行終了システムのバッテリーを交換し、次の打ち上げ試行の前にシステムを再テストします。」

NASA は以前、10 月 2 日日曜日を打ち上げの可能性があると発表していましたが、ハリケーン イアンによって引き起こされた混乱により、その機会の窓が何の活動もなく過ぎ去ることはほぼ確実です。

アルテミス I ミッションでは、無人のオリオン宇宙船を月に向けて推進させ、打ち上げから 6 週間後に地球に帰還する前にフライバイを行います。

ミッションが成功すれば、有人飛行のアルテミス II が同じルートを飛行する道が開かれ、アルテミス III は早ければ 2025 年に開始される可能性があり、月面に最初の女性と最初の有色人種を乗せようとします。