NASAが1200フィートからカプセルを落下させて火星サンプルリターンシステムをテストするのを見る

NASAは、火星の一部を研究のために地球に戻すという野心的な計画を持っています。マーズサンプルリターンミッションと呼ばれるこのアイデアは、着陸船、ローバー、上昇車両で構成されるロボットチームを赤い惑星に送り、パーサヴィアランスローバーによって収集されてチューブに密封されたサンプルを拾い上げることです。これらのサンプルは、火星の表面から軌道に打ち上げられ、そこで収集されて地球に戻されます。

それが複雑に聞こえるなら、そうです。 NASAは、この野心的な長期ミッションに必要なハードウェアのいくつかに取り組んでおり、最近、NASAは、サンプルを地球の大気から地表に運ぶEarthEntrySystem車両の新しい設計をテストしました。そして、そのテストは劇的なものでした—車両のモデルを1,200フィートから落とし、それが生き残るかどうかを確認しました。

テストは車両のアレオシェルに焦点を当て、地球の大気を通過する熱と力から内部の繊細な電子機器とサンプルを保護しなければならないシェルの1つの可能な設計をテストしました。これを行うために、テストはユタテストアンドトレーニングレンジで実行されました。そこでは、ヘリコプターがセンサーで覆われ、直径1.25メートルの製造デモンストレーションユニット(MDU)と呼ばれる車両とアレオシェルのモデルで上昇しました。その後、MDUはヘリコプターによって投下され、その降下が記録されました。 MDUは、高度1,200フィートから来て、エンジニアがサンプルの着陸ミッションに相当すると考える速度に達しました。

マーズサンプルのチーフエンジニアであるジムコーリスは、次のように述べています。 ステートメントで、地球エントリシステムを返します。

テストのもう1つの肯定的な発見は、エアロシェルが正しい方向に着陸し、エンジニアが望むようにMDUがその鼻に着陸したことでした。現在、チームは地球侵入システムの計画に取り組み続けることができ、今年後半にさらにテストが行​​われる予定です。