MongoDBでドキュメントを作成する方法

MongoDBは、コレクションにグループ化されたドキュメントなどの一意のデータを格納するNoSQLデータベースです。たとえば、MongoDBデータベースでは、各顧客のデータはドキュメントとして保存され、すべての顧客のドキュメントはコレクションに保存されます。

このチュートリアル記事では、MongoDBでドキュメントを作成する方法を学習します。

MongoDB作成操作

MongoDBには、 insertOne()insertMany()の2つの作成操作があります。各作成操作は、実行ごとに1つのコレクションを操作するように制限されています。ただし、実行ごとに1つまたは複数のドキュメントを挿入できます。

関連: MongoDBではデータモデリングはどのように異なりますか?

したがって、両方の作成操作の構造は次のとおりです。

 db.collection.createOperation()

ここで、 dbはデータベースの名前であり、 createOperation()は適切な操作( insertOne()またはinsertMany() )です。

insertOne()操作の使用

insertOne()操作は、次のコードを使用して、単一のドキュメントをコレクションに挿入します。

 db.collection('customers').insertOne({
name: “Sarah Wilson”,
age: 22
})

新しいドキュメントの作成に問題がある場合、 insertOne()操作はエラーを返します。また、ドキュメントを追加しようとしているコレクションが存在しない場合、 MongoDBはコレクションを作成し、それにドキュメントを追加します。

ドキュメントにIDが割り当てられていないことに注意してください。これは、 MongoDBがコレクション内のドキュメントごとに一意のIDを自動的に作成するためです

insertMany()操作の使用

insertMany()操作がinsertOne()操作とほとんど同じように動作します。提供されたコレクションが存在しない場合は新しいコレクションを作成し、新しいドキュメントの作成に問題がある場合はエラーを返します。

ただし、主な違いは、 insertMany()操作を使用すると、実行ごとに複数のドキュメントを作成できることです。

insertMany()操作例の使用

db.collection('customers').insertMany({
name: “Roy Williams”,
age: 21
},
{
name: “James Brown”,
age: 38
},
{
name: “Jessica Jones”,
age: 25
})

上記の例では、顧客コレクションに3つのドキュメントが作成され、各ドキュメントはコンマで区切られています。関連:次のプロジェクトで検討するデータベースエンジン

その他のCRUD操作を調べる

新しいドキュメントの作成は、MongoDBでできることのほんの始まりにすぎません。 MongoDBを使用すると、CRUD操作を実行できるため、完全なデータベースを開発できます。