MicrosoftのxCloudベータ版がiOSとWindowsでリリースされます

マイクロソフトは、xCloudゲームストリーミングサービスが、明日からベータ版としてiPhone、iPad、PCのアーリーアダプターにようやく利用可能になると発表しました。

MicrosoftxCloudベータ版が4月20日にリリース

ゲームストリーミングサービスは、2021年4月20日火曜日に、MicrosoftのWindows10とAppleのiOSおよびiPadOSプラットフォームでベータ版として開始されると同社は語った。

昨年末に共有したように、今年はクラウドを介してより多くのデバイスでより多くのプレーヤーにXboxを提供します。明日から、Xbox Game Pass Ultimateメンバーを選択して、Webブラウザーを介してWindows 10PCおよびAppleの電話とタブレット向けのXboxCloudGaming限定ベータ版のテストを開始するための招待状の送信を開始します。

xCloudの招待制ベータ版とその最終出荷版の両方に、www.xbox.com / playのEdge、Chrome、またはSafariブラウザーから簡単にアクセスできます。

関連:クラウドゲームの仕組み

今後、サブスクリプションサービスにさらに多くのタイトルが追加されます。 xCloudを使用するには、Xbox Game PassUltimateサブスクライバーである必要があることに注意してください。

MicrosoftxCloudの価格と可用性

ベータ版は22カ国で開始されます、Microsoftは上の記事で書いたのXboxワイヤー

限定ベータ版は、テストして学ぶ時間です。サポートされている22か国すべてのプレーヤーに継続的に招待状を送信し、フィードバックを評価し、エクスペリエンスを継続的に改善し、より多くのデバイスのサポートを追加します。

サポートされている国のリストは、xCloud GamePassのWebサイトで入手できます。

Xbox Game Pass Ultimateサブスクライバーは、発売時に約100のゲームを追加料金なしで利用できます。これには、Tell MeWhyのような初日のタイトルやDestiny2のようなヒットが含まれます。

このサービスは、「今後数か月以内に」すべてのXbox Game PassUltimateメンバーに開放されます。

iOSでMicrosoftxCloudを使用する

プラットフォームのこのパーティの開発をガイドするAppleの厳格なルールにより、xCloudは、一般公開された時点でiOSおよびiPadOSのネイティブアプリとして利用できなくなります。つまり、iPhoneまたはiPadでサービスにアクセスするには、AppleのSafariブラウザを使用する必要があります。

プラットフォームに関係なく、有線接続と無線接続の両方がサポートされているペアのゲームコントローラーを使用してこれらのゲームをプレイします。または、50を超えるゲームでカスタムタッチコントロールを使用することもできます。

「ベータ版の初期段階では、機能を微調整し、プラットフォーム間で一貫したエクスペリエンスを作成すると同時に、ゲームが最高の状態で動作するようにすることに重点を置いています」と同社は書いています。 xCloudはすでにAndroidスマートフォンとタブレットで利用できます。

xCloudを使用すると、MicrosoftのAzureクラウドコンピューティングサービスを利用して、物理的なXboxコンソールや追加のハードウェアを必要とせずに、サポートされているデバイスでサブスクリプションに含まれるゲームをプレイできます。その意味で、xCloudは、完全に置き換えられるというよりも、現在のXboxゲーム設定を拡張したものです。