MicrosoftのClippyは、ついに最新のWindows11ビルドに絵文字として登場しました

Microsoftの象徴的なOffice用Clippyアシスタントは、 Windows 11で大きな復活を遂げていますが、それは別の形です。 Clippyを別のデジタルアシスタントとして復活させるのではなく、象徴的な文字がMicrosoftのWindows11オペレーティングシステムの標準のペーパークリップ絵文字に取って代わります。 Clippyの復活は、Microsoftの最新の2021年11月のWindows 11Insiderプレビュービルドの一部です。 Clippyに加えて、Microsoftが披露している新しい絵文字もいくつかあります。

この最新のオプションのソフトウェアアップデートを通じてMicrosoftがWindows11にもたらした新しい絵文字スタイルは、 以前にプレビューされた3Dスタイルと比較して2Dの外観を備えています。同社は、新しい絵文字は新しいフルーエントデザインスタイルを使用して作成されたと主張しており、デザイナーのチームは絵文字をスケーラブルにするために取り組んだ。

Clippyは絵文字としてWindows11に戻ります。

「今日Windows11でリリースされているこれらの新しいFluentスタイルの絵文字は、Windows 11の設計原則の2つである、個人的で親しみやすいものです」とMicrosoftはブログ投稿で、Clippyの復活とコミュニケーションにおける絵文字の使用の重要性を強調しています。 「絵文字デザイナー、プログラムマネージャー、フォントエキスパート、開発者のチームは、この新しい絵文字システムの作成に注力しました。カラーパレットからモジュラー機能まで、デザイナーはUnicode絵文字の広範なセットに合わせて拡張できるシステムを構築しました。 Windows 11は、ハイブリッドコミュニケーションで使用できる、よりモダンで表現力豊かな絵文字を提供するようになりました。これにより、コミュニケーションに楽しさ、表現、個性を加えることができます。」

同社は以前、Windows 11の発売に先立ち、今年の夏の初めに3D絵文字から2D絵文字に切り替えると述べており、プラットフォーム上で多くの絵文字をアニメーション化すると述べていました。新しいWindows11 2D絵文字により、Microsoftは、大胆な色とシンプルでミニマルな絵文字の外観を備えた、よりモダンなスタイルを選択しています。

以前のブログ投稿で、同社はこれらの絵文字はWindows 11専用になると述べていたため、最新のOSにアップグレードしないWindows10ユーザーは不運になります。

テクノロジーの出版物TheVergeによると、Microsoftは、絵文字とカラーフォント形式で達成しようとしていることの技術的限界のために、2Dスタイリングに頼らなければならなかった可能性があります。 Microsoftは、ライバルのAppleのようなビットマップを使用する代わりに、ベクター形式を使用して絵文字をレンダリングしています。これにより、よりフラットな2D画像を使用すると、スケーラビリティが容易になり、ファイルサイズが小さくなります。また、Microsoftが2D絵文字を披露したため、3D絵文字はシステム全体に表示されない可能性がありますが、The Vergeは、MicrosoftのTeamsアプリなど、特定の製品に3Dおよびアニメーション絵文字が表示されることを期待しています。

Microsoftはまたに取り組んで固定し、オペレーティングシステムのパフォーマンスに影響を与えるいくつかの広く公表のバグを。