MicrosoftがOffice2021を正式に発表

マイクロソフトは、クラウドでの作業が未来であることを人々に納得させるために一生懸命努力しましたが、月額料金でリースするのではなく、製品を所有するというアイデアを好むユーザーもいます。 「サブスクリプションモデル」という言葉でつま先が丸くなる場合は、今年後半に発売されるOffice2021に注目してください。

Office2021に関するMicrosoftの発表

ソフトウェアの巨人は、Microsoft 365Webサイトで大きな発表をしまし。実際、同社はこの記事で2つの発表を行いました。 1つはOffice2021用で、もう1つは「OfficeLTSC」と呼ばれるもの用です。

この場合、「LTSC」は「Long TermServicingChannel」の略です。これは、特にクラウドを使用して作業を実行できない、または使用しない企業向けの、大規模な商用利用のためのOfficeの特別なブランチになります。

幸いなことに、企業はLTSCとOfficeのクラウドバージョンのどちらかを選択する必要はありません。企業が両方を展開して使用したい場合、マイクロソフトはそれを実行させます。マイクロソフトは、企業がOffice LTSCを組織全体に展開するのではなく、クラウドソリューションと組み合わせると考えています。

Office LTSCに関する情報はあまりありませんが、Microsoftが2021年4月に商用プレビューをリリースすることはわかっています。Microsoftの新しいOfficeの計画を覗き見するのに、それほど時間はかかりません。

Officeの大企業側に興味がない場合は、2021バージョンに興味があります。 MicrosoftはIgnite2020の間にOffice2021をほのめかしましたが、生産性スイートに何が用意されているかについて、もう少し詳しく説明します。

Office 2021は、5年間のサポートを受ける1回限りの購入であり、Microsoftは、「リリース時にこれらの製品の価格を変更する予定はない」と主張しています。

Microsoftは当面の間、カードを胸の近くに保持していますが、FAQセクションにはいくつかの興味深い情報があります。 Office 2021は、パーソナルアプリケーションと商用アプリケーションでWindowsとmacOSの両方をサポートし、32ビットシステムと64ビットシステムの両方をサポートし、OneNoteに同梱されます。

Office2021でOfficeに戻る

サブスクリプションモデルとクラウドサービスのファンでない場合は、心配する必要はありません。 Microsoftは、有名なOfficeサービスの新しい2021バージョンをリリースする予定であり、詳細は年内に発表される予定です。

Office 2021のサウンドが気に入っても、生産性スイートに頭を悩ませていない場合は、オンラインチュートリアル、ビデオ、クラスを使用してOfficeウィザードになり、記録的な速さで作業を完了できることをご存知ですか?