MicrosoftがIgnite 2020の新しいMicrosoft Officeをヒント

Microsoft Officeのファンの場合は、今後数か月以内にMicrosoftを常にチェックしてください。マイクロソフトのIgnite 2020イベントで、同社は2021年後半にリリースされる新しいOffice製品をほのめかす小さな声明を落としました。

残念ながら、今のところやるべきことは多くありません。確かにわかっているのは、 Microsoft Tech Communityに表示される2つの文だけです。

Microsoft Officeも、2021年の後半に、WindowsとMacの両方の新しい永続的なリリースを見る予定です。

これらのすべての製品の正式名称、価格、入手可能性については、後ほど詳細をお知らせします。

これは多くのことを教えてくれるわけではありませんが、最初の文だけに2つの重要なポイントがあります。

まず、マイクロソフトはこの新製品を「永久リリース」と呼んでいます。これは、サブスクリプションモデルではなく、新しいスタンドアロン製品を示唆しています。 2021年後半の製品のリリースを考えると、これはOffice 2021/22になる可能性が高く、以前のOffice 2019および2016のイテレーションの結果に続きます。

2つ目は、MicrosoftによるMacリリースの確認です。 Mac上のOfficeは新しいものではありませんが、MicrosoftはMacのリリースをWindowsのリリースと同じペースでサポートするようです。

Microsoftが他のオペレーティングシステムへの分岐を試みるのを見たので、これは非常に重要です。最近、同社はMicrosoft EdgeをLinuxに導入することを確認しました。これは、Windowsの要塞と見なされることもあるオペレーティングシステムです。

詳細は不十分ですが、MicrosoftはWindowsおよびMac用のOfficeの将来のバージョンを確認しています。これまでにわかっているのは、スタンドアロン製品になるということだけです。正式名称と詳細は後日発表します。そのため、ニュースの進展に合わせてMicrosoftを常に監視してください。

マイクロソフトは、オフィススイートの世界で厳しい競争を繰り広げています。 Microsoft Officeはかつて生産性市場で大きなシェアを占めていましたが、その支配力は無料のMicrosoft Officeの代替品によって侵食されてきました。マイクロソフトがこの王位を取り戻すことをどのように目指しているかを確認するまで待つ必要があります。

画像クレジット:dennizn / Shutterstock.com