macOSモントレーベータでユニバーサルコントロールを有効にする方法

AppleのmacOS12モントレーパブリックベータは現在6回目の反復です。ただし、Universal Controlなどの一部の要素は、最新の記事から欠落しています。

幸いなことに、私たちの間で好奇心旺盛でせっかちな人のために、賢い人が隠された機能を有効にする方法を考え出しました。プロセスを見てみましょう。

ユニバーサルコントロールとは何ですか?

Universal Controlは、Sidecar、Handoff、AutoUnlockなどのAppleの現在のContinuityツールを拡張したものです。これらはすべて、デバイス間をすばやく移行することを可能にします。

macOS Montereyの新機能は、複数の製品で同じキーボード、マウス、またはトラックパッドを同時に使用できるようにすることで、そのシームレス感を高めることを目的としています。最初は面倒に聞こえるかもしれませんが、Appleはこの概念をうまく実行し、一度に複数のデバイスで作業する人のための貴重なツールを作成しました。

実際には、この機能はマルチモニターのセットアップに似ており、使用する画面にフォーカスをすばやく切り替えることができます。実際には、ユニバーサルコントロールはそれだけではありません。

関連:ユニバーサルコントロール:Appleのエキサイティングな機能がiPadとMacをシームレスにリンクします

有効にすると、Appleの新しいContinuityツールを使用すると、ドラッグアンドドロップでファイルをデバイス間で移動できます。 Macでキーボードコマンドを使用して、iPadのアプリやその他の機能にアクセスすることもできます。

Appleは、UniversalControlはmacOS12またはiPadOS15を実行している最大3台のデバイスで動作し、この機能は追加のセットアップを必要としないと述べています。ただし、Montereyパブリックベータでは、この便利なツールを有効にするには、一連の厳密な手順に従う必要があります。

macOSベータでユニバーサルコントロールを有効にする方法

まず、現時点では、UniversalControlはMac製品でのみ機能することに注意する必要があります。現在、iPadOS15ベータ版の機能を有効にする方法はありません。したがって、2台以上のAppleコンピュータにアクセスできない場合は、このツールを有効にしてもまだ役に立たない可能性があります。

第2に、Appleは次の手順を公式にサポートまたは承認していません。システムに変更を加える前に、 TimeMachineまたは同様のアプリを使用してデータを常にバックアップする必要があります。そうは言っても、楽しい部分に移ることができます。

ユニバーサルコントロールを有効にするための最初のステップは、MacでMontereyパブリックベータを実行していることを確認することです。これは、 Apple Beta SoftwareProgramのWebサイトでサインアップできます。当然、まだテスト段階にあるソフトウェアには未解決の問題が伴うことが多いため、Montereyをセカンダリハードドライブにインストールすることは、新しいオペレーティングシステムを体験するための理想的でほとんどリスクのない方法です。

OSが正常になったら、ユーザーzhuoweiが作成してGitHubに投稿した設定ファイルのコピーをダウンロードする必要があります

次に、このファイルをDownloadsフォルダーで見つけ、コンテンツを抽出して、 Ensemble.plistを次の場所に移動します: / Library / Preferences / FeatureFlags / Domain /

環境設定内では、 FeatureFlagsがまだ存在していない可能性があるため、その場合は正しい名前で新しいフォルダーを作成する必要があります。ドメインについても同じです。

最後に、変更を有効にするにはMacを再起動する必要があります。 Universal Controlでテストする製品ごとにこれらの手順を繰り返し、システム環境設定のディスプレイ」パネルからデバイスを構成します。

わかりやすくするために、ここで手順をリスト形式で言い換えます。

  1. MacでmacOSMontereyパブリックベータが実行されていることを確認します。
  2. GitHubからEnsemble.plistをダウンロードします
  3. ダウンロードフォルダで.zipファイルを見つけて、内容を抽出します。
  4. / Library / Preferences /に移動しFeatureFlagsという名前の新しいフォルダーを作成します(そのエントリがまだ存在しない場合)。
  5. FeatureFlagsを開き、 Domainという名前の別のフォルダーがまだ存在しない場合は、作成します。
  6. Ensemble.plist/ Library / Preferences / FeatureFlags / Domain /に移動またはコピーします。
  7. Macを再起動します。
  8. [システム環境設定]を開き、[ディスプレイ]を選択します。
  9. [ディスプレイの追加]をクリックして、接続するデバイスを選択します。

大多数の人々は、これらの手順に従った後に成功を報告します。ただし、一部の機能をアクティブにできませんでした。現時点では、Appleはユニバーサルコントロールの有効化を公式にサポートしていないため、結果は異なります。それがうまくいかない場合は、macOSMontereyの最終リリースまで待つ必要があります。

関連:ハンドオフを使用してiPhone、iPad、Macをシームレスに切り替える

ユニバーサルコントロールは待つ価値があります

あなたが複数のアップル製品を使用している人なら、ユニバーサルコントロールはあなたが待ち望んでいたキラー機能かもしれません。 macOS Montereyはまだパブリックベータ段階にありますが、隠しツールを有効にする方法を発見した賢い個人は、今後の予定の初期のサンプルを私たちに提供してくれました。

GitHubに投稿された設定ファイルをダウンロードして正しい場所にドロップすることで、Montereyを実行しているMacの一部またはすべてでユニバーサルコントロールをアクティブ化できる場合があります。

手順がうまくいかなかった場合、または現時点でこの機能を有効にしたくない場合、Appleは最終的に、設計者が意図したとおりに機能する完全に実現されたバージョンのユニバーサルコントロールをリリースします。それまでに、この機能は、複数のAppleデバイスを使用するすべての人にとって試してみる価値があります。