Macのドックを間違って使用しています

MacOSのドックは、どのMacでもエクスペリエンスの中心的な部分です。そこからアプリをピン留めして起動し、Finderにアクセスします。また、iPhoneからアプリを取得することもできます。

しかし、ほとんどの人はデフォルト設定を超えることはなく、それは残念です。 Appleは、ドックをカスタマイズして使用方法を改善する方法をたくさん提供しています。これらは私たちのお気に入りの一部です。

ドック内の最近のアプリを削除します

MacOSドックで最近のアプリを削除する
アリフバッカス/デジタルトレンド

箱から出してすぐに、Macのドックに最近使用したアプリが表示されます。これにより、毎日使用する可能性のあるアプリに簡単にアクセスできますが、ドックが非常に乱雑になる可能性もあります。これは、特にシステムを混乱させないようにしたい場合に、フラストレーションにつながる可能性があります。

ドックが散らかっていることは、意図したとおりに実際に使用しないことにつながることの1つです。たまたま開いた最近のランダムなアプリだけでなく、実際に定期的に使用するアプリの頼りになる場所である必要があります。

幸い、これらの最近のアプリは1つの簡単な設定でドックから削除できます。 Appleメニューに移動し、[システム環境設定] > [ドックとメニューバー]を選択してから、[ドックに最近のアプリケーションを表示する]オプションのチェックを外します。そのように簡単です。

設定にすばやくアクセスできるように、システム環境設定をドックに配置します

アリフバッカス/デジタルトレンド

ドック内のアプリの管理について言えば、次は必須と思われるものを含めることです。システム環境設定のメニューをナビゲートするのではなく、設定をすばやく変更する必要がある場合は、代わりにドックのシステム環境設定アイコンを確認することをお勧めします。設定アイコンを右クリックすると、Apple ID、Bluetooth、時刻と日付など、さまざまなもののクイックトグルが表示されます。

システム環境設定は、デフォルトですでにドックに固定されているはずです。ただし、そうでない場合は、このように設定するには、通常どおりシステム環境設定を開きます。次に、ドックでそれを右クリックし、[オプション]、[ドックに保持]の順に選択します。かなり気の利いたトリックですね

最小化効果を変更する

MacOSDock設定の最小化効果を変更します。
アリフバッカス/デジタルトレンド

次に、最小化について説明しましょう。ウィンドウを最小化すると、悪名高い「魔神効果」が得られます。このきちんとしたアニメーションは、ウィンドウが折りたたまれてドックに収まっていることを示しています。この時点で象徴的になりました。ただし、このアニメーションは、ウィンドウが大きい場合に多くの時間がかかり、場合によってはMacのリソースを消費する可能性があります。利用可能な代替オプションであるスケール効果と交換することをお勧めします。

この設定を微調整するには、 Appleメニュー>システム環境設定>ドックとメニューバーに移動します。次に、[を使用してウィンドウを最小化]で、必ずサブメニューをクリックし、[スケール効果]を選択してください。開いているウィンドウを最小化すると、違いをすぐに確認して感じることができます。

ドックスペーサーを追加してアプリを分離します

MacOSターミナルにドックスペーサーを追加する
アリフバッカス/デジタルトレンド

ドックに関連する最後のヒントは、システム設定にはないものです。むしろ、ターミナルと呼ばれるAppleのコマンドラインツールを使用する必要があります。これは初心者ユーザー向けではありませんが、ドックにスペーサーを追加するだけなので、仕事用、学校用、個人用のいずれであるかに基づいてアプリを区別できるため、十分にシンプルです。繰り返しになりますが、これはすべて、実際に使用することを奨励する組織をドックに追加することです。

このスペーサーを追加するには、Macでターミナルウィンドウを開きます。 Spotlightで端末を検索するか、アプリのユーティリティフォルダで端末を見つけることができます。開いたら、以下に記述したコマンドを貼り付けます。

デフォルトはcom.apple.dockpersistent-apps-array-add'{tile-data={};を書き込みます。 tile-type =” spacer-tile”;}'&& killall Dock

その後、Enterキーを押すと、画面が点滅します。これにより、ドックの最後に空白が追加されます。アプリのように見えるので気付くでしょう。それをクリックして、ドックの任意の場所にドラッグします。不要になった場合は、上にドラッグし、デスクトップにかざして削除します。