LinuxにGitをインストールして構成する方法

Gitは、多くのソフトウェア開発者が選択する最も人気のあるバージョン管理システムです。 Linus Torvaldsは、2005年のLinuxカーネルの開発中にGitを開発しました。それ以来、開発者はこのバージョン管理システムを広く使用して、プロジェクトで他のメンバーとコラボレーションしています。

ソフトウェア開発とそのさまざまな側面を学んでいる場合は、ある時点でGitについてすでに聞いたことがあるかもしれません。このガイドでは、GitをLinuxにインストールして構成する方法についての簡単なガイドとともに、Gitについて詳しく説明します。

Gitとは何ですか、なぜそれが必要なのですか?

ソフトウェア開発は困難です。これには複数のファイルの操作が含まれ、多くの場合、使用する前に目的の出力を実現するためにソースコードをいじくり回す必要があります。

それだけでなく、コードが本番環境で実行された後でも、コードを効率的で保守しやすく、チームの他の開発者が読みやすくするために、定期的なリファクタリングが必要です。

非常に多くの変数があり、複数の開発者が同時にプロジェクトに取り組んでいるため、すべての異なるプロジェクトファイルとそのリビジョンを把握することがすぐに困難になる可能性があります。

ここで、Gitのようなバージョン管理システム(VCS)が役立ちます。これにより、さまざまなチームメンバーから送信されたコードへの変更の追跡と管理が容易になり、ソフトウェアの開発とテストのプロセスが加速します。

バージョン管理システムを使用することの注目すべき利点のいくつかは次のとおりです。

  • チームがファイルに加えたすべての変更を表示できるように、長期的な変更履歴にアクセスします。
  • 分岐とマージ。これにより、同時コントリビューションが容易になり、ファイルの複数のバージョンを1つのファイルにマージして、変更を適用し、ファイルの重複を防ぐことができます。

もちろん、使用するバージョン管理システムによって、それを使用することで得られるメリットも決まります。 Gitの場合、分散バージョン管理システム(DVCS)であるため、すべてのコードファイルがすべての寄稿者のコンピューターに存在します。

そのため、上記の利点(およびその他のいくつかの利点)に加えて、Gitではオフラインでの作業も可能です。ただし、インターネット接続が機能するためにインターネット接続が必要なプッシュおよびプル機能は除きます。

関連: Linux用のトップ10バージョン管理システム

LinuxにGitをインストールする方法

LinuxへのGitのインストールはかなり簡単です。 Linuxディストリビューションに応じて、次のコマンドを使用してコンピューターにインストールします。

Debian / UbuntuにGitをインストールする

Gitは、公式のUbuntuおよびDebianリポジトリで入手できます。したがって、APTを使用して簡単にインストールできます。

 sudo apt install git

FedoraにGitをインストールする

DNFまたはYUMのいずれかを使用してGitをFedoraにインストールできます。古いバージョンのFedora(Fedora 21まで)を実行している場合は、YUMを使用します。

 sudo yum install git

逆に、システムでFedora 22以降を実行している場合は、DNFを使用してGitをインストールできます。

 sudo dnf install git

ArchLinuxにGitをインストールする

Arch Linuxを使用している場合は、Pacmanを使用してGitをインストールできます。

 sudo pacman -S git

FreeBSDにGitをインストールする

FreeBSDにGitをインストールするには、次のコマンドを発行します。

 sudo pkg install git

完了したら、次のコマンドを実行して、インストールが成功したかどうかを確認します。

 git --version

バージョン番号が返される場合は、インストールが成功したことを意味します。そうでない場合は、インストールプロセスをもう一度やり直す必要があります。

LinuxでGitを構成する方法

システムにGitをインストールしたら、ユーザー名、メールアドレス、デフォルトのテキストエディターなど、Gitを使用する前にいくつかのコンポーネントを構成する必要があります。この構成は1回限りのプロセスであり、システムからGitを削除しない限り、構成された設定は存続する必要があります。

GitのIDを作成する

まず、システムでコミットするたびに、デフォルトのID(ユーザー名と電子メールアドレス)を設定する必要があります。これを行うには2つの方法があります。プッシュするすべてのコミットが同じIDを通過するようにグローバルIDを設定するか、異なるプロジェクトに別々のIDを使用するようにリポジトリごとのIDを設定することができます。

グローバルIDを設定するには、ターミナルを開き、以下のコマンドを実行します。

 git config --global user.name "your_name"
git config --global user.email "your_email_address"

特定のリポジトリのデフォルトIDを設定する場合は、最初にリポジトリを含むディレクトリに移動します。 lsコマンドを使用しディレクトリ(およびサブディレクトリ)を一覧表示し、cdコマンドを使用してそれらに移動します。

リポジトリに移動したら、ターミナルで次のコマンドを実行します。

 git config user.name "your_name"
git config user.email "your_email_address"

LinuxでGit用にSSHを構成する

さらに、必須ではありませんが、コンピューターでGit用のSSHを設定して、パスワードなしのログインを許可することもできます。そうすれば、リポジトリに変更をコミットするたびにパスワードを入力する必要がありません。

これを行うには、ターミナルウィンドウを開き、次のコマンドを実行して、電子メールで新しいSSHキーを作成します。

 ssh-keygen -t rsa -b 4096 -C "your_email_address"

ファイル名の入力を求められたら、キーを保存する場所を指定して、 Enterキーを押します。デフォルトオプションを続行するには、 Enterキーを押します。

システムは、パスフレーズを設定して、マシンのSSHにセキュリティの層を追加するように要求します。覚えやすい強力なパスワードを入力して、 Enterキーを押します。

最後に、システムの秘密鍵を保持するssh-agentにSSH鍵を追加する必要があります。このために、ターミナルで次のコードを実行します。

 ssh-add ~/.ssh/id

IDを構成したら、ワークフローに合わせてGitをさらに構成できます。

Gitのデフォルトのテキストエディタを変更する

実行できる追加の構成の1つは、インタラクション用にGitのデフォルトのテキストエディターを変更することです。

デフォルトでは、GitはVimテキストエディターを使用するように構成されています。ただし、これまでVimを使用したことがない場合は、Vimを使用することに慣れていない可能性があります。プロセスを示すために、nanoをデフォルトのGitテキストエディターとして設定します。ただし、好みのテキストエディタがある場合は、次のコマンドでnanoを自由に置き換えてください。

 git config --global core.editor nano

構成を確認する

好みに合わせてGitを構成したら、構成設定を1回チェックして、正しいことを確認します。次のコマンドを実行して、システムのすべてのGit構成設定のリストを取得します。

 git config --list

将来のある時点で、構成を編集する場合は、次のコマンドを実行してgitconfigファイルを開きます。

 nano ~/.gitconfig

次に、変更するIDの値を編集します。

LinuxでGitを正常に実行する

上記のガイドを使用すると、LinuxシステムにGitをすぐにインストールして構成できるはずです。今後は、プロジェクトをより適切に管理するために、Gitをワークフローに組み込む必要があります。

この目的のために、リポジトリの管理に役立つさまざまなGitサービスがあります。その1つがGitHubです。これは、バージョン管理を容易にすると同時に、無数のツールに対して安全なクラウドストレージと統合サポートを提供します。

ただし、Gitを初めて使用し、どこから始めればよいかわからない場合は、最初のリポジトリを作成する方法を学ぶことで、ツールに慣れることができます。