LinuxでGtkHashを使用してファイルの整合性を簡単に確認する

GtkHashは、Linuxでチェックサムを生成するためのシンプルで軽量なツールです。このツールを使用して、特定のチェックサムの有効性を確認することもできます。チェックサムを比較することは、安全なサイトからファイルをダウンロードしているかどうかを確認するのに役立つため、データの整合性を確保するための優れた方法です。

GtkHashを使用してLinux上のファイルの整合性をチェックする方法を見てみましょう。

GtkHashをインストールする方法

GtkHashは、多くの一般的なLinuxディストリビューションのリポジトリで利用できます。次のコマンドを使用して、UbuntuなどのDebianベースのディストリビューションにGtkHashをインストールできます。

 sudo apt-get install gtkhash

以下のコマンドを使用して、FedoraやCentOSなどのRPMベースのシステムにGtkHashをインストールします。

 dnf install gtkhash

ManjaroのようなArchベースのディストリビューションを使用している場合は、次のコマンドを実行します。

 sudo pacman -S gtkhash

さらに、GtkHashはスナップパッケージとしても入手可能です。したがって、グラフィカルインストールを希望する場合は、スナップパッケージインストールするか、特定のディストリビューションのGUIアプリストアを使用するかを選択できます。

GtkHashの使用方法

GtkHashがインストールされ、使用できるようになったら、[アプリケーション]メニューから起動します。次のコマンドを入力して、ターミナルエミュレータから呼び出すこともできます。

 gtkhash

GtkHashを起動すると、最小限のユーザーインターフェイスがあることに気付くでしょう。チェックしたいファイルを選択できるファイルエクスプローラーがあります。ファイルを選択したら、ウィンドウの下部にある[ハッシュ]ボタンをクリックします。

デフォルトでは、GtkHashはMD5、SHA1、SHA256、およびCRC32関数を使用してチェックサムを計算します。 「設定」セクションから他のダイジェストアルゴリズムを指定できます。

さらに、GtkHashを使用してファイルの認証を検証することもできます。 [ファイル]> [開く]オプションを選択して、ファイルのメッセージダイジェストを選択します。ファイルがハッシュベースのメッセージ認証コードを使用している場合は、HMACキーを入力します。

GtkHashによって計算されたダイジェストを保存するには、 [ファイル]> [名前を付けて保存]に移動し、ファイル名を入力して結果を保存します。コンテキストメニューからファイルリストを選択して、複数のファイルのダイジェストを計算することもできます。 [表示]> [ファイルリスト]に移動して、ファイルの追加を開始するだけです。

GtkHashをカスタマイズする方法

かなり最小限ですが、GtkHashにはいくつかのカスタマイズオプションがあります。つまり、多数のチェックサムアルゴリズムから選択し、デフォルトのダイジェスト形式を小文字または大文字の16進数、およびBase64に設定できます。

[編集]> [設定]に移動して、GtkHashオプションをカスタマイズします。このウィンドウには、いくつかのハッシュ関数のリストがあります。使いたいものをチェックしてください。

[ダイジェスト形式]オプションをクリックして、使用する形式を選択します。上記のように、ここには3つのオプションがあります。

ファイルマネージャ用のGtkHash拡張機能をインストールする方法

パワーユーザーの場合は、ファイルマネージャーから直接メッセージダイジェストを計算することをお勧めします。幸い、GtkHashには、Nemo、Thunar、Nautilis、Cajaなどの人気のあるLinuxファイルマネージャー用の優れたプラグインもあります

ファイルマネージャーのGtkHash拡張機能をインストールするには、ディストリビューションのグラフィカルパッケージマネージャーを使用する必要があります。たとえば、Ubuntuを使用している場合は、Synaptic PackageManagerでGtkHashを検索できます。

ファイルマネージャプラグインを含む、利用可能なパッケージが一覧表示されます。システムのファイルマネージャーのプラグインを選択し、変更を適用します。選択したファイルマネージャーのGtkHash拡張子がインストールされます。

ファイルマネージャにGtkHash拡張機能を使用する方法

必要なプラグインをインストールしたら、ファイルマネージャーから直接ハッシュを計算できます。 GtkHashプラグインをインストールしたファイルマネージャーを開き、ファイルを右クリックします。 [プロパティ]に移動すると、[ダイジェスト]という新しいオプションが見つかります。

これにより、ユーザーはハッシュ関数を選択し、メニューから直接チェックサムを作成できます。 HMAC機能を使用してファイル認証を検証することもできます。

GtkHashを使用してLinux上のファイルの整合性を検証する

GtkHashは、Linuxでファイルの整合性を検証するための最も簡単なGUIツールです。また、新しくダウンロードしたファイルが本物かどうかを確認するためにも使用できます。プライバシーを真剣に考えている方は、今日GtkHashをインストールすることを強くお勧めします。

Linuxでファイルの整合性をチェックするために必要なのはGtkHashだけです。しかし、Windowsマシンを持っている場合はどうでしょうか。 Windows用の優れたハッシュチェッカーもいくつかあるので、汗を流さないでください。