Linuxで応答しないプログラムを殺す7つの方法

Linuxソフトウェアは、問題を発生させることなく動作するのに十分な堅牢性を備えていますが、最高のアプリでさえハングする場合があります。それらがクラッシュするのを待つのではなく、これらの応答しないプログラムを強制終了することができます。実際、Linuxプログラムを強制終了する方法はたくさんあるので、選択に甘んじていることに気付くかもしれません。

Linuxのアプリケーションで問題が発生している場合は、Linuxでプログラムを強制終了するいくつかの方法があります。

1.「X」をクリックしてLinuxプログラムを強制終了します

あなたはおそらくすでに立ち去って温かい飲み物を作ってみたでしょう。 PCに戻ってアプリがまだハングしていることに気付いた場合は、回復するのに十分な時間があります。応答しないアプリには通常、灰色のボタン、または機能していないように見えるオプションがあります。また、アプリウィンドウを画面上で移動できない場合もあります。

それで、解決策は何ですか?

上隅にある[ X ]ボタンをクリックするだけです(Linuxオペレーティングシステムに応じて、左または右)。これにより、プログラムが完全に停止するはずです。 [待機]または[強制終了]で終了するように求めるダイアログボックスが表示される場合があります。

すべてが計画通りに進んだ場合、一部のディストリビューションではエラーレポートを送信するように求められます。

2.システムモニターを使用してLinuxでプログラムを強制終了する方法

次のオプションは、Linuxオペレーティングシステムのシステムモニターユーティリティを開くことです。

これを見つけるには:

  1. ショーアプリケーションを開く
  2. ユーティリティまでスクロール
  3. システムモニターを選択します

システムモニターは、[プロセス]タブの下に実行中のプロセスのリストを表示します。

ここで応答しないプログラムを強制終了するには、プログラムを選択して右クリックします。次に、次の順序で試す必要がある3つのオプションがあります。

  • 停止:これによりプロセスが一時停止し、後で続行できるようになります。ほとんどの場合は機能しません。
  • 終了:プロセスを閉じる正しい方法。これにより、アプリケーションが安全に終了し、途中で一時ファイルがクリーンアップされます。
  • Kill:これは極端なオプションであり、EndProcessが失敗した場合にのみ使用する必要があります。

これらを順番に使用することをお勧めします。ただし、アプリケーションが定期的にハングする場合は、機能することがわかっているコマンドを使用することをお勧めします。

3.「xkill」を使用してLinuxアプリケーションプロセスを強制終了します

採用できるもう1つのオプションはxkillです。

これはUbuntuにプリインストールされている強制終了ツールですが、必要に応じて他のディストリビューションのターミナルからインストールできます。 xkillを呼び出すと、デスクトッププロセスを閉じることができます。次のコマンドでインストールします。

 sudo apt install xorg-xkill

これが完了したら、単に入力してxkillを実行します

xkill

マウスポインタに十字(または頭蓋骨)が表示されます。問題のあるアプリケーションを左クリックして閉じます。

4.「kill」コマンドを使用してLinuxアプリを強制終了します

デスクトップツールで応答しないアプリを閉じることができませんか?解決策は、コマンドラインでLinuxアプリを強制終了するツールである可能性があります。

アプリを閉じるのに役立ついくつかのコマンドラインオプションを利用できます。さらに良いことに、これらはコンピューター上で、または別のデバイスからSSH経由で接続することによって使用できます。

ここではkillコマンドを使用できますが、最初にプロセスIDが必要です。これは、アプリケーションにプロセスIDを問い合わせるコマンドを実行することで見つけることができます。

 ps aux | grep [process name]

結果にはプロセスIDが表示されます。これは、次のように使用できます。

 kill [process ID]

コマンドにsudoを追加する必要がある場合があることに注意してください。

5.「pgrep」および「pkill」Linux強制終了コマンドを使用します

プロセスIDがわからない、または見つからない場合はどうなりますか?これがpkillコマンドの出番です。プロセスIDではなく、プロセス名と一緒にpkillを使用するだけです。

 pkill [process name]

または、pgrepコマンドを使用してプロセスIDを見つけることもできます。

 pgrep [process name]

…そしてこれに続いて、プロセスIDでpkillを使用します。

 pkill [process ID]

killコマンドと同様に、これにより約5秒以内にプロセスが終了します。

6.「killall」を使用してすべてのLinuxインスタンスを強制的に強制終了します

キルやピルで運がない?核のオプションであるkillallを使用する時が来ました。

幸いなことに、それはそれほど壊滅的ではありません。 killallコマンドは、指定されたプログラムのすべてのインスタンスを終了します。したがって、1つのFirefox(または他のLinuxブラウザ)ウィンドウを強制終了するのではなく、次のコマンドですべてを終了します。

 killall firefox

必要なのは、プロセス名とkillallコマンドだけです(セットアップで要求された場合は、おそらくsudoを使用します)。

 killall [process name]

当然、このコマンドは必要な場合にのみ使用してください。これは、ほとんどの応答のないプログラムの状況には適していません。

7.キーボードショートカットを使用してLinuxでプロセスを強制終了する

応答しないソフトウェアを閉じる時間を節約したいですか?最良のオプションは、キーボードショートカットを作成することです。これにより、アプリを閉じるための即時オプションが提供されますが、これを機能させるにはxkillが必要です。 Ubuntuでの動作は次のとおりです。

  1. [設定]> [キーボードショートカット]を開きます
  2. 一番下までスクロールし、[ + ]をクリックして新しいショートカットを作成します
    Linuxプロセスを強制終了するためのキーボードショートカットを作成する
  3. [名前]フィールドと[コマンド]フィールドに「xkill」と入力します
  4. コマンドを呼び出すためのキーボードショートカットの組み合わせを設定するには、[ショートカット]をクリックします
  5. [追加]をクリックして終了します
    xkillのキーボードショートカットを設定する

アプリがハングしたときにショートカットを使用するには、キーボードショートカットを使用するだけです。マウスポインタがXになり、閉じたいアプリの任意の場所をクリックできます。

Linuxアプリを定期的に殺しますか?ハードウェアをアップグレードする

応答しないアプリケーションは定期的に問題を引き起こしていますか? Linuxコンピュータにいくつかの変更を加えることでおそらく恩恵を受けることができます。

追加のRAMをインストールすることは、コンピューターにより多くの電力を与えるための一番の方法であり、これらの気質のあるアプリが将来応答しなくなるのを防ぐために必要なことかもしれません。

これで、Linuxでプログラムを終了する方法がわかりました。

したがって、次にLinuxアプリケーションまたはユーティリティがハングして応答しなくなったときは、次のいずれかのソリューションを適用するだけです。

  1. 隅にあるXをクリックします
  2. システムモニターを使用する
  3. xkillアプリを使用する
  4. killコマンドを使用する
  5. Linuxアプリをpkillで閉じる
  6. killallを使用してソフトウェアを閉じます
  7. Linuxでアプリの強制終了を自動化するキーボードショートカットを作成する

応答のないLinuxアプリを定期的に使用している場合は、軽量Linuxオペレーティングシステムへの切り替えを検討してみませんか?