Linuxでプロセスの優先順位を素敵できれいに変更する方法

Linuxでは、ビートをスキップすることなく、1台のマシンで多くのプロセスを実行できます。場合によっては、集中的なプロセスによってシステムの速度が低下することがあります。他の仕事を続けているときに、どういうわけかそれをバックバーナーに置くことができる方法があれば素晴らしいと思いませんか? niceと呼ばれるユーティリティを使用してできます。

プロセスでうまく遊ぶ

Niceは、プロセスのCPU優先度を下げることができるLinuxおよびUnixシステムに組み込まれているユーティリティです。このユーティリティは、Unixがマルチユーザーのミニコンピューターとメインフレームで実行されていた時代の成果物ですが、今日でもシングルユーザーのデスクトップで実行すると便利です。

トレントクライアントのように、出力を取得するのに長い時間がかかることがわかっている集中的なプロセスが原因で、ゲームをプレイしていてラグが発生している可能性があります。バックグラウンドに再割り当てして再生を続けるだけです。

Niceは、スタンドアロンプ​​ログラムであるか、シェルに組み込まれています。システムに当てはまるものを特定するには、次のように入力します。

 which nice

Ubuntuでは、niceがインストールされているバージョンGNUバージョンです。

ニースは、あらゆるプロセスのプロセス優先順位である「ニース番号」の概念を使用しています。 GNUバージョンでは、19から-20の範囲です。負の数はプロセスを優先し、正の数はプロセスを優先しません。 tophtopなどのユーティリティのNI列として、この素敵な数字を見ることができます。

優先度の低いプロセスを実行するには、次のコマンドを使用します。

 nice processname

processnameを実行するプロセスに置き換えます。デフォルトでは、niceはnice番号10を割り当てます。通常開始されるプロセスはデフォルトで0になります。

特定の番号(この場合は絶対最小優先度)が必要な場合は、必要な適切な番号で-nオプションを使用します。

 nice -n 19 processname

reniceによるプロセス優先度の変更

これで、優先度を下げてコマンドを開始できますが、実行中のプロセスの優先度を変更するのはどうでしょうか。別のユーティリティ、reniceを使用してそれを行うこともできます。

変更するプロセスのPIDまたはプロセスIDが必要になります。これは、psコマンド、top、またはhtopを使用し見つけることができます。それを見つけたら、それをreniceコマンドにフィードする必要があります。

PIDに新しいナイス番号を設定するには、次のように入力します。

 renice priority PID

…ここで、優先度は使用したい適切な数です。

-nフラグは、指定した増分(正または負)によってプロセスの優先度を変更します。したがって、プロセスが10であり、それを8に変更したい場合は、次のように入力します。

 sudo renice -n -2 PID

スーパーユーザーのみが、別のユーザーに属するプロセスを放棄したり、プロセスの優先度を上げたりすることができます。 -uスイッチに続けてユーザー名を使用して、任意のユーザーの優先度を調整できます。

 renice priority -u username

関連: Linuxのプロセスとは何ですか?

これで、最高のパフォーマンスを得るためにプロセスの優先順位を変更できます

Linuxでは、niceとreniceを使用して、任意のプロセスの優先順位を変更できます。これは、重いプロセスがシステムリソースの膨大な量を消費しているときに確実に役立ちます。また、Stacerなどの監視ツールを使用してシステムパフォーマンスを最適化すると役立つ場合があります。