LibreOfficeBaseでデータ入力フォームを作成する方法

スプレッドシートやデータベーステーブルに大量のデータを記録することがよくありますか?または、ゲストが情報を共有できるように、Webサイトでフォームをホストしたいですか? MicrosoftAccessの無料の代替手段であるLibreOfficeBaseを使用して、データベースにリンクされた独自のフォームを作成できます。

このガイドでは、データベースにデータをすばやく簡単に入力するためのシンプルで魅力的なフォームを作成します。いくつかのテキストボックス、いくつかのオプションボタン、および2つのフォームコントロールボタンがあります。

Libre OfficeBase入門

最初のステップの前に、 LibreOfficeスイートがコンピューターにインストールされていることを確認してください。次に、ガイドに従ってBaseにデータベースとテーブル作成します

このガイドでは、1つのテーブルのみを使用します。フォームに収集する予定の各データポイントのフィールドがテーブルにあることを確認してください。そのうちの1つが指定されたIDフィールドです。

このガイドの目的のために、私たちのフォームは映画コレクションをカタログ化します。つまり、映画のタイトル、監督、リリース年、形式、およびレコードIDのフィールドがありますが、必要に応じてテーブルとフォームを微調整できます。

ステップ1:フォームを設定する

LibreOffice Baseのメインウィンドウで、メニューの[データベース]> [フォーム]に移動し、[タスク]セクションで[ウィザードを使用してフォームを作成]をクリックします(以下で強調表示されています)。

サイドバーには8つのオプションがありますが、すべてを入力する必要はありません。以下で、使用する必要のあるものをそれぞれ説明します。

フィールドの選択

[テーブル]ドロップダウンメニューからテーブルを選択し、リストから、フォームを使用して入力できるようにするテーブルのフィールドを選択します。

IDフィールドのAutoValueを有効にした場合、Baseは自動的に次の論理ID番号を入力するため、フォームにそのフィールドを含めることはオプションです。ただし、作業中のエントリをいつでも確認できるように、そのままにしておきたい場合もあります。

ここでは、すべてのフィールドを含めます。

ここでは、フィールドを入力したい順序に降順で並べ替えることも役立ちます。これはあなた次第であり、プル元のデータソースによって異なる場合があります。

サブフォームを設定する

サブフォームを追加するオプションはオフのままにします。フォームはかなり単純なので、含めません。

コントロールを配置する

最も好きな配置を選択してください。おそらく柱状のオプションの1つです。データフィールドオプションはあまり魅力的ではなく、列レイアウトでより多くのことができます。

データ入力の設定

ここで、Baseはフォームの目的について質問します。 [このフォームを選択]は、データの入力と同時に以前のエントリを表示する必要がない場合にのみ新しいデータの入力に使用されます。

データを表示することを選択した場合は、偶発的な変更や削除が非常に簡単であるため、既存のデータの変更や削除を許可しないチェックボックスもオンにすることをお勧めします。

スタイルを適用する

背景色とフィールドの境界線の種類を選択します。必要に応じて、後でこれらを変更できます。

セット名

フォームに名前を付け、その目的を示します。その後、[フォーム変更]オプションを選択し、[完了]をクリックします。

関連: MicrosoftAccessでフォームを作成する方法

ステップ2.ヘッダーを作成する

ウィザードが終了したら、フォームを好きなように編集できます。フォームを明確に識別するために、フォームのヘッダーを作成することから始めます。

上部のツールバーで、下の写真で赤で強調表示されている[テキストボックスの挿入]をクリックします。このボタンは、データ入力テキストボックスを作成するための左側のツールバーの[テキストボックス]ボタンとは異なることに注意してください。

フォームに必要なタイトルを入力し、タイトルを強調表示して書体を調整します。

将来、テキストが含まれているボックスを編集する場合は、ヘッダーを1回クリックします。テキスト自体を編集するには、テキストをダブルクリックする必要があります。

手順3.フォームコントロールボタンを作成する

エントリを追加するときは、データ入力プロセスを進めるためのボタンがいくつか必要になります。少なくとも「次のエントリ」ボタンを含めることをお勧めします。

これを行うには、左側のツールバーのプッシュボタンツールをクリックします。クリックしてドラッグし、ボタンの形状とサイズを作成します。次に、ボタンを右クリックして[コントロールのプロパティ]を選択し、ボタンのコントロールのプロパティを編集します

編集できるフィールドはたくさんありますが、関心があるのはほんの一部です。

  • 名前:フォーム内の他のオブジェクトからそれを識別する名前を付けます。この名前は、タブの順序など、フォームの一部を編集するときに使用します。
  • ラベル:このフィールドは、ボタンに表示されるテキストを定義します。 「次のエントリ」のようなものに変更するか、「>>>」のように変更します。
  • アクション:アクションを新しいレコードに設定します。これにより、ボタンは現在のエントリを保存し、押されるたびに新しいエントリに移動します。

また、新しいエントリに移動せずに現在のエントリを保存するための別のボタンを作成しましょう。そうすれば、新しい空白のエントリを作成せずに、いつでも作業を保存して終了できます。

プッシュボタンツールを使用してボタンを再度作成し、以前と同様の方法で名前とラベルを設定しますが、アクションを[レコードの保存]に設定します

ステップ4.オプションボタンを作成する

フォームのテキストボックスの1つである[フォーマット]フィールドをオプションボタン(ラジオボタンとも呼ばれます)に置き換えます。フィールドの1つに常にいくつかの制限されたオプションのいずれかが含まれる場合、オプションボタンを使用すると、毎回入力しなくてもそのデータをすばやく入力できます。

オプションボタンで制御するフィールドのウィザードによって生成されたテキストボックスを削除する必要があります。フィールドを右クリックして、[グループの入力]を選択します。次に、テキストボックスをクリックして強調表示し、 [削除]ボタンを押します。

他の場所をクリックしてグループを終了し、左側のツールバーのオプションボタンツールを選択します。

最初のオプションを配置する領域をクリックしてドラッグします。このフィールドに必要な数のオプションについて繰り返します。この例では、DVD、Blu-ray、デジタルの3つがあります。

各オプションボタンをダブルクリックして、そのコントロールプロパティを編集します。一意の名前ラベルを付けます。

次に、[プロパティ]ダイアログの[データ]タブで、[データ]フィールドをこのオプションボタンで制御するフィールドに設定します。 [参照値(オン)]ボックスに、ボタンを選択したときに入力するデータを入力します。 [参照値(オフ)]ボックスは空のままにしておくことができます。

オプションボタンごとにこのプロセスを繰り返し、それぞれに異なる名前と参照値を挿入します。

手順5.タブ順序を編集する

これで、完全に機能するフォームができました。デザインビューを終了し(もちろん作業を保存します)、ベースのメインウィンドウでフォームをダブルクリックすることで試してみることができます。

フォームを試して、Tabキーを押してあるフィールドから別のフィールドにジャンプすると、タブの順序が間違っていることに気付く可能性があります。これは、データを入力するときに煩わしく混乱する可能性があるため、修正します。

デザインビューに戻り、下部のデザインバーの[アクティベーション順序]ボタンをクリックすると、タブの順序を微調整できます。

アクティベーション順序ダイアログに、フォーム内のすべてのオブジェクトのリストが表示されます。 Tabキーを切り替える方法で並べ替えるか、[自動並べ替え]をクリックして、TabでTabをどのように機能させるかをBaseに推測させます。

データの入力を開始します

最初のフォームが完成したので、フォームをダブルクリックすることで、いつでもデータベースを開いてエントリの追加を開始できます。あなたがそれを知る前に、あなたは超高速でデータを入力するでしょう。

ただし、データベースとフォームをインターネットでホストすることをお勧めします。それを選択する場合は、そうするためのホスティングオプションを慎重に検討することが重要です。