KoohaでLinuxデスクトップを記録する方法

Linuxデスクトップを記録したいと思っていても、Linux上の既存のスクリーンレコーダーアプリが醜くて使いにくい場合は、Koohaがお勧めです。使いやすさと使いやすさを重視して設計されたエレガントなスクリーンレコーダーアプリです。 Linuxでデスクトップを記録するためにそれを使用する方法は次のとおりです。

LinuxへのKoohaのインストール

Koohaスクリーンレコーダーアプリは、Flatpak、Arch Linux(AUR)、およびコンパイル可能なソースコードを介してLinuxでサポートされています。ただし、このプログラムの使用方法を説明する前に、インストール方法を示す必要があります。

LinuxコンピュータにKoohaアプリケーションをインストールするには、ターミナルウィンドウを開く必要があります。キーボードのCtrl + Alt + Tを押すと、ターミナルウィンドウを開くことができます。または、アプリメニューで「ターミナル」を検索して起動します。

ターミナルウィンドウが開いていると、インストールを開始できます。ご希望のインストール方法に対応する、以下のインストール手順に従ってください。

Flatpak

Koohaの主な配布方法は、FlatpakパッケージとしてのFlathubアプリストアです。これは、アプリがGnomeデスクトップ用に設計されており、GnomeチームがFlatpakで作業しているためです。ただし、どのLinuxデスクトップでもFlatpakを使用できます。

Flatpak経由でKoohaのインストールを開始するには、Flatpakランタイムを設定する必要があります。ランタイムのセットアップは、「flatpak」パッケージをコンピューターにインストールすることから始まります。ディストリビューションのパッケージマネージャーで「flatpak」を検索すると、このパッケージをインストールできます。

コンピューターでFlatpakランタイムを設定する際に問題が発生した場合は、対応いたします。 LinuxにFlatpakをインストールしてセットアップする方法についての詳細なガイドを確認してください。それはあなたがそれを機能させるために知る必要があるすべてをあなたに教えます!

Flatpakランタイムをシステムで構成およびセットアップしたら、Flathubアプリストアを有効にする必要があります。 Flathubアプリストアを有効にするには、以下のflatpakremote-addコマンドを使用します。

 flatpak remote-add --if-not-exists flathub https://flathub.org/repo/flathub.flatpakrepo

LinuxコンピューターにFlathubアプリストアをインストールすると、Koohaアプリケーションをインストールできるようになります。以下のflatpakinstallコマンドを使用して、アプリをセットアップします。

 flatpakインストールflathubio.github.seadve.Kooha

Arch Linux

Koohaアプリケーションは、上でインストール可能であるアーチのLinuxを経由してアーチのLinux AUR 。インストールを開始するには、TrizenAURヘルパーをインストールする必要があります。このプログラムは、AURアプリのセットアップを簡素化します。

 sudo pacman -S git base-devel  git clone https://aur.archlinux.org/trizen.git  cd trizen /  makepkg -sri

Trizenアプリケーションがインストールされていると、 trizen-Sコマンドを使用してコンピューターにKoohaアプリケーションをセットアップできます。

 trizen -S kooha

ソースコード

推奨していませんが、利用可能なソースコードからLinuxPCにKoohaアプリケーションをインストールすることは可能です。このアプリケーションをLinuxPCで動作させる方法の詳細については、 Koohaの公式Webページを確認してください

KoohaでLinuxデスクトップを記録する方法

LinuxデスクトップをKoohaアプリケーションで記録するには、アプリケーションメニューで検索して起動します。次に、以下のステップバイステップの手順に従います。

ステップ1: Koohaアプリケーション内で、何を記録するかを決定する必要があります。画面の一部だけを記録するには、「選択した画面をキャプチャする」ボックスをクリックします。デスクトップ全体を記録したい場合は、「モニターまたはウィンドウをキャプチャする」ボックスを選択します。

ステップ2: Koohaで記録する画面の部分を決定したら、サウンドオプションを決定する必要があります。アプリでスピーカーアイコンを見つけて、Koohaにコンピューターからのすべての音を録音させたい場合は、それをクリックします。

一方、KoohaにLinuxデスクトップからのオーディオを録音させたくない場合は、このボックスをオフのままにします。

ステップ3:スピーカーからの音声を録音するかどうかを選択したら、コンピューターに接続されているマイクをKoohaに録音するかどうかを決定する必要があります。そこから録音するには、マイクボタンを選択します。

Koohaにマイクを録音させたくない場合は、ボタンを選択しないでください。

ステップ4:マイクの設定を調整したら、Koohaにマウスポインターを表示するかどうかを決定します。録音中にアプリにポインタを表示させるには、「マウスポインタ」ボタンをクリックします。

録音にマウスポインタを表示したくないですか?ボタンを選択しないでください。

手順5: Koohaのすべての設定を構成したら、録音を開始できます。 「録音」ボタンを選択して録音を開始します。 「記録」ボタンをクリックすると、アプリは画面の記録を開始します。

録音が終了したら、停止ボタンをクリックします。停止を選択すると、Koohaはビデオをホームディレクトリの「ビデオ」に保存します。

Koohaを使用してLinuxデスクトップを記録する方法の投稿は、 AddictiveTipsに最初に掲載されました。