ISSの運用は2030年まで延長されました

最終的に国際宇宙ステーション(ISS)に取って代わるものについては議論が続いていますが、象徴的な軌道ステーションはすぐにはどこにも行きません。 NASAは、米国政府が2030年まで少なくともさらに8年間、ISSの運用を継続することを約束したと発表しました。

ISSは20年以上継続して使用されており、世界中から宇宙飛行士を受け入れています。ステーションはまた、昨年から新しいソーラーアレイの設置を含むステーションの電力システムへの継続的なアップグレードなど、その期間中に継続的にアップグレードされました。ただし、ステーションは老朽化しており、最終的には別のものに交換する必要があります。米国とロシアの宇宙機関のような機関間の国際協力が続くかどうかについての質問もあります。

中国は最近、独自の宇宙ステーションの最初の部分を立ち上げました。昨年、NASAは、 3つの民間企業が新しい宇宙ステーションの計画に取り組んでいると発表しました。しかし、NASAやその他の機関は、ISSが少なくとも2030年まで運用を継続し、軌道上での継続的な人間の存在を確保することを望んでいます。 2030年以降、NASAは、2020年代後半までに完成することを期待して、商業的に所有および運営されているステーションに移行したいと考えています。

「国際宇宙ステーションは、平和的な国際科学協力の標識であり、20年以上にわたって、人類に利益をもたらすために膨大な科学的、教育的、技術的発展をもたらしてきました。バイデンハリス政権が2030年までステーションの運用を継続することを約束したことを嬉しく思います」とNASAの管理者ビルネルソンは声明で述べています。

「米国がISSに継続的に参加することで、イノベーションと競争力が強化されるだけでなく、NASAのアルテミス計画の下で最初の女性と最初の有人火星を月に送るために必要な研究と技術が進歩し、最初の人を送る道が開かれます。火星への人間。ますます多くの国が宇宙で活動しているので、米国が成長する国際同盟と宇宙の平和的で責任ある使用のための規則と規範のモデル化で世界をリードし続けることがこれまで以上に重要です。」