iPhoneを強制的に再起動してリカバリモードに入る方法

クイックリンク

iPhoneをリカバリモードにしたいですか? iPhoneで問題が発生した場合は、これを使用する必要があります。ただし、特にデバイスによって異なるため、このモードに入る方法が常に明確であるとは限りません。

モデルに関係なく、iPhone、iPad、またはiPodtouchをリカバリモードにする方法を説明します。

強制再起動とiPhoneの回復モードの説明

iPhoneを強制的に再起動する必要がないことを願っていますが、何か問題が発生した場合に知っておくとよいヒントです。

デバイスが完全に応答しなくなったら、バッテリーが消耗するのを待つ代わりに、強制的に再起動することができます。強制再起動は、iPhoneを強制的にシャットダウンして再起動するため、基本的に電源プラグを抜くのと同じです。

リカバリモードはこれをさらに一歩進め、iPhoneをiTunesを実行しているコンピュータに接続する(またはmacOS Catalina以降ではFinderを使用する)ことでiOSを再インストールできる状態にします。 iPhoneが起動を拒否したり、起動時にクラッシュしたりした場合は、デバイスをレスキューするためにリカバリモードにする必要があります。

iOSを再インストールすると、iPhone上のすべてのデータが失われることに注意してください。これは、 iPhoneの定期的なバックアップ作成する場合は問題ありません。これは、iCloudを使用して、またはiTunesやFinderでローカルに実行できます。残念ながら、プロセスはファームウェアの復元のみを提供するため、リカバリモードでデバイスをバックアップすることはできません。

そのため、起動しないiPhoneで立ち往生していて、復元するバックアップがない場合は、データを保存するためにできることは何もありません。

iPhone 8、iPhoneX以降でリカバリモードに入る方法

Appleはボタンの組み合わせを変更して、iPhone8以降を強制的に再起動しました。以下の手順は、iPhone 8/8 Plus、iPhone X、XS、XR、iPhone 11ライン、第2世代iPhone SE、およびiPhone12デバイスで機能します。

これらのボタンの組み合わせはかなり迅速に実行する必要があることに注意してください。

iPhone8以降を強制的に再起動する方法

  1. 音量大ボタンを押して放します。
  2. すぐに押してから、音量小ボタンを放します。
  3. Appleのロゴが表示されるまで、サイドボタンを押し続けます。このロゴが表示されたら、ボタンを離します。

iPhone8以降をリカバリモードにする方法

  1. iPhoneをコンピューターに接続します。
    1. macOSMojave以前を実行しているWindowsPCまたはMacで、iTunesを起動します。 macOS Catalina以降を実行しているMacで、Finderを開きます。
  2. 音量大ボタンを押して放します。
  3. すぐに押してから、音量小ボタンを放します。
  4. サイドボタンを押したまま、Appleロゴが表示されたら離さないでください。
  5. リカバリモード画面が表示されるまで押し続けます。

iPhone 7 / 7PlusおよびiPodTouchでリカバリモードに入る方法

iPhone7および7Plusは、機械的なホームボタンがない最初のiPhoneモデルでした。つまり、電話の電源を切るとホームボタンが機能しなくなりました。これにより、Appleは2007年にiPhoneが発売されて以来、初めて強制再起動とリカバリモードのショートカットを変更する必要がありました。

これらの手順は、2019年にリリースされた第7世代iPodtouchを強制的に再起動するためにも機能します。

iPhone7または7Plusを強制的に再起動する方法

  1. サイド(またはトップ)ボタンと音量小ボタンを同時に押し続けます。
  2. Appleのロゴが表示されるまでボタンを押し続けてから、離します。

iPhone7または7Plusをリカバリモードにする方法

  1. iPhoneをコンピューターに接続します。
    1. macOSMojave以前を実行しているWindowsPCまたはMacで、iTunesを起動します。 macOS Catalina以降を実行しているMacで、Finderを開きます。
  2. サイドボタンと音量小ボタンを同時に押し続けます。
  3. Appleのロゴが表示された後でも、ボタンを押し続けます。
  4. リカバリモード画面が表示されたら、両方のボタンを放します。

iPhone6s以前でリカバリモードに入る方法

2015年にリリースされたiPhone6sは、機械式ホームボタンを備えたAppleの最後のiPhoneでした。次の手順は、そのデバイスだけでなく、それ以前のすべてのiPhoneでも機能します。これには、Plusモデル、第1世代のiPhone SE、および第6世代のiPodtouch以前が含まれます。

iPhone6s以前を強制的に再起動する方法

  1. ホームボタンとサイド(またはトップ)ボタンの両方を押し続けます。
    1. iPhone 6以降では、サイドボタンは右側にあります。 iPhone 5s以前の場合、予想どおり、[トップ]ボタンはデバイスの上部にあります。
  2. Appleのロゴが表示されたら、ボタンを放します。

iPhone6s以前をリカバリモードにする方法

  1. iPhoneをコンピューターに接続します。
    1. macOSMojave以前を実行しているWindowsPCまたはMacで、iTunesを起動します。 macOS Catalina以降を実行しているMacで、Finderを開きます。
  2. 上記のように、ホームボタンとサイドボタン(またはトップボタン)を押し続けます。
  3. Appleのロゴが表示されたら、ボタンを押し続けます。
  4. リカバリモード画面が表示されたら、両方のボタンを放します。

iPadで強制的に再起動してリカバリモードに入る方法

iPadで強制的に再起動するか、リカバリモードを使用する必要がありますか?プロセスは簡単です。

ホームボタンのあるiPadモデルでこれらの手順を実行するには、上記のiPhone6s以前の場合と同じ手順に従います。 Face IDのiPadをお持ちの場合は、上記の手順に従って、iPhone8以降で強制的に再起動してリカバリモードを使用してください。

iPadでは、電源ボタンは側面ではなく上部にあることに注意してください。

あなたのiPhoneを回復する方法

デバイスをリカバリモードにすると、デバイスが自動的にリカバリモードを終了する前に、iOSの再インストールを開始するのに15分かかります。これが発生した場合は、ボタンを押す組み合わせを繰り返して、リカバリモードに戻す必要があります。

リカバリモードでは、デバイスはiTunesまたはFinderに通常どおり表示されず、次のようなエラーメッセージが表示されます。最初に[更新]オプションを試してください。これにより、何も消去せずにデバイスが更新されます。これが機能しない場合は、復元を選択する必要があります。これにより、iOSが再インストールされ、iPhoneにあったものがすべて削除されます。

iPhoneが再起動したら、Apple ID資格情報を使用してログインし、 Appleのアクティベーションロックを解除する必要があります。これは、iCloudからサインアウトせずにリセットされた場合に他の誰かがあなたのデバイスを使用するのを防ぐセキュリティ機能です。

このため、販売者が目の前でロックを解除することを拒否した場合は、中古のiPhoneを購入しないでください。アクティベーションロックが有効になっているリセットされた電話は、セットアッププロセスを開始する前に、所有者のApple IDを要求するため、使用できなくなります。

iPhoneの回復モードが簡単に

お使いのiPhone、iPad、またはiPod touchのモデルに関係なく、デバイスを強制的に再起動してリカバリモードに入る方法を見てきました。一度知ってしまえば簡単なプロセスですが、ますます混乱するボタンの組み合わせは少し鈍感です。

より深刻なiPhoneのトラブルシューティングを行うには、DFUモードに切り替える必要があります。