Intel Arc Alchemist は事実上無料でオーバークロックできるかもしれません

Intel Arc Alchemistグラフィックス カードは、実際のリリース前に多くの点で私たちを驚かせ続けています。今回は、Intel フェローの Tom Petersen とのインタビューからの新しいティーザーで、オーバークロック機能など、GPU に関する詳細情報が明らかになりました。

Petersen 氏によると、Intel Arc は予想外にオーバークロックが得意であり、パフォーマンスと消費電力の適切なバランスを実現している可能性があります。そのため、追加のエネルギー コストをほとんどかけずに大規模なオーバークロックを実現できました。

Intel Arc Graphics: Tom TAP Petersen に何でも聞いてください!

Intel Arc のさまざまな欠点にもかかわらず、 遅延であろうと、 GPU が主に DirectX 12 と Vulkan のみに最適化されていることであろうと、プロモーションとコミュニケーションは最近間違いなく適切であり、Intel はこれらのグラフィックスのパフォーマンスについて透明性を保っています。カード。そのために、Tom Petersen はHotHardwareとの Q&A セッションに参加し、Intel Arc に関する多くの質問に答えました。

カードのオーバークロック能力について簡単に説明しましたが、Arc A770 は確かに印象的でした。 GPU は、 Hitman 3でのパフォーマンスを測定するために、オーバークロックとアンダーボルティングを行いました。 GPU の通常のクロック速度は 2.1GHz で最大ですが、今回は 2.7GHz にオーバークロックされました。これは、パフォーマンスに確実に影響を与える注目すべきオーバークロックです。

おそらくもっと興味深い事実は、2.7GHz オーバークロック中にカードの消費電力が 228 ワットに達したことです。これは、通常の最大 TBP よりわずか 3 ワット多いだけです。これは、オーバークロックとアンダーボルティングの適切な組み合わせにより、Intel Arc が優れた結果を提供できることを証明しています。

Intel Arc A770 および A750 のスペック シート。

Intel は、Arc Alchemist グラフィックス カード、つまり Intel 独自の設計である限定版バージョンに関する新しいスライドも共有しています。 Arc A770 と Arc A750 はどちらも同じ ACM-G10 GPU を搭載していますが、A770 には 32 個の Xe-Core と 16GB のメモリが搭載されていますが、8GB のものもあります。それにもかかわらず、両方のグラフィックス カードの TBP は同じ 225 ワットです。

真ん中の Arc A580 には、24 個の Xe-Core と 8GB のメモリが搭載されています。 Petersen は現在、TBP が 175 ワットであることも確認しています。 Arc A310 と Arc A350 についてはあまり知られていませんが、どちらもラインナップに含まれると噂されています。 Arc A380 はすでに限定リリースが行われているため、より優れたモデルとともにグローバルな発売が間もなく行われる可能性があります。

Petersen は多くの質問に答えましたが、Intel Arc のリリース予定日についてはまだ話せませんでした。 Intel が 9 月 27 日の Intel イノベーション イベントで言及する可能性はありますが、それによって GPU が輝く可能性はほとんどありません。同社はその日にRaptor Lake CPUを発表する予定であり、AMD はRyzen 7000を発売する予定です。プロセッサ