iCloudDriveで共有ファイルを表示および編集できるユーザーを選択する方法

iCloud Driveは、Appleのクラウドベースのサービスであり、ユーザーはすべてのAppleデバイス間でコンテンツを同期しながら、あらゆる種類のコンテンツを安全に保存できます。

簡単にアクセスできるほか、iCloudDriveではファイルやフォルダを他のiCloudユーザーと共有することもできます。また、他のクラウドベースのストレージと同様に、特定のユーザーがクラウドからファイルを表示、編集、ダウンロードできるようにすることができます。また、共有するファイルやフォルダを自由に管理することもできます。これには、ユーザーの追加と削除、アクセス許可の変更、共有ファイルからの自分の削除、ファイルまたはフォルダーの共有の停止が含まれます。

iCloudDriveで共有するファイルの権限とアクセスを管理する方法は次のとおりです。

共有のためにiCloudを使用するために必要なもの

何よりもまず、あなたとあなたの友人や同僚が使用しているデバイスがiCloudのシステム要件を満たしていることを確認してください。

  • iPhoneまたはiPad:iOS13.4以降を実行している
  • Mac:macOS Catalina(10.15.4)以降を実行している
  • Windows:Windowsバージョン11.1以降を実行している

ファイルまたはフォルダが共有されているかどうかを知る方法

まず、ファイルまたはフォルダーの所有者である場合にのみ、参加者と共有の設定を管理できます。次に、ファイルまたはフォルダーがまだ共有されていない場合、共有フォルダー管理するためのオプションは表示されません。

関連iCloudからファイルとフォルダを共有する方法

共有されていないファイルまたはフォルダーにはプラス記号(+)の付いた共有アイコンがあり、共有ファイルまたはフォルダーにはチェックマークの付いた共有アイコンが表示されます。共有フォルダには、以下に示すように、共有者も表示されます。

参加者を管理する方法

共有フォルダーの参加者を管理するには、フォルダーを選択し、[共有]アイコンをクリックします。 [人を追加]をクリックして、電子メールで新しい参加者を追加するか [リンクコピー]をクリックして共有リンクをどこかに貼り付けます。参加者を削除するには、削除する参加者にカーソルを合わせて省略記号(…)をクリックし、[アクセスの削除]を選択します。

共有オプションを編集する方法

また、ファイルまたはフォルダーを共有するすべてのユーザーのアクセスを変更したり、特定のユーザーのアクセスを制限したりすることもできます。

特定のフォルダのアクセス許可を変更するには、[共有]アイコンを選択し、[共有オプション]を選択します。招待した人だけリンクを持っている人のどちらかを選択して、ファイルまたはフォルダにアクセスできる人を変更します。

[権限]の横にあるオプションをクリックして、アクセスを制限することもできます。読み取り専用アクセスを許可するには[表示のみ]を選択し、 [読み取りおよび書き込みアクセスを許可するように変更加えることができます]を選択します。

共有ファイルまたはフォルダから自分を削除する方法

ファイルまたはフォルダの所有者である場合、共有アイテムから自分自身を削除することはできないことに注意してください。ただし、他の人の共有ファイルまたはフォルダに参加者として追加されている場合は、アイテムを選択して、[共有]アイコンをクリックします。ポインタを自分の名前に合わせ、省略記号(…)をクリックして、[削除]を選択します。

ファイルまたはフォルダの共有を停止する方法

所有しているファイルやフォルダの共有をいつでも停止することができます。

また、共有フォルダの一部であるファイルの共有を停止することはできないことに注意してください。スタンドアロンのファイルまたはフォルダーの共有のみを停止できます。したがって、フォルダの共有設定を変更せずに特定のファイルの共有を停止する場合は、ファイルをフォルダから削除するか、共有していない別のフォルダに移動します。

アイテムの全員との共有を停止するには、フォルダまたはファイルを選択して、[共有]アイコンをクリックします。 [共有の停止]> [OK]をクリックします。

選択した参加者との共有を停止するには、その人の名前にカーソルを合わせ省略記号(…)をクリックして、[アクセスの削除]を選択します。フォルダーへのアクセスを削除すると、そのユーザーはフォルダー内のコンテンツを表示または編集できなくなります。共有フォルダを削除することを選択した場合も同様です。

共有iCloudファイルとフォルダを制御する

共有ファイルやフォルダにアクセスして変更できるユーザーを把握して、iCloudDriveを最大限に活用してください。参加者を管理し、ファイルとフォルダーへのアクセスとアクセス許可を制御することで、アクセシビリティとセキュリティのバランスを取ります。