Hisense社は530ドルから独自のFireTVを発表しました

Hisense社は本日、AmazonFireTVを搭載した最初のテレビであるU6HFを発表しました。 50インチモデルとして530ドルで発売され、現在予約注文が可能です。 58インチバージョンは秋に600ドルで利用可能になると予想されています。

注目すべき仕様には、もちろん4K解像度のほか、ドルビービジョン、HDR10、HDR10+のサポートが含まれます。 Quantum Dotテクノロジーを使用し、60Hzの可変リフレッシュレート(実際には最大240Hz)と600ニットのピーク輝度を備えています。入力ラグを減らすためのゲームモードプラスと、自動低レイテンシモードもあります。

HisenseU6HFireTV。

「私たちは、お客様に最高のエンターテインメントを提供する業界をリードする製品を提供することに専念しています。ストリーミングはこれの重要な要素です」と、HisenseUSAの社長であるDavidGoldはプレスリリースで述べています。 「FireTVをスマートTVのラインナップに追加して、米国全土のお客様にプレミアムなホームエンターテインメント体験を提供できることを嬉しく思います。」

U6HFにはAlexaVoiceRemoteが付属しており、Alexaエコシステムへのフルアクセスを提供します。また、Fire TV OSが組み込まれているため、見たいものを視聴するために他のデバイスを接続する必要はほとんどありません。これは、AmazonAppStoreの他のすべてのTV対応アプリに追加されます。さらに、FireTVを介して利用できるすべてのスマートホームコントロールがあります。

「HisenseとFireTVは、最高のハードウェアとソフトウェアを組み合わせて、高品質で革新的で手頃な価格のスマートTVエクスペリエンスを提供するという同じ目標を共有しています」と、Amazonエンターテインメントデバイスおよびサービス担当副社長のDanielRauschはプレスリリースで述べています。 「より多くのブランドがFireTVに目を向けるにつれて、私たちは、採用が容易で、開発が効率的で、顧客を喜ばせるスマートTVパッケージを提供することに取り組んでいます。」

その他の注目すべき仕様には、イーサネットとWi-Fi 5(別名802.11ac)のサポートが含まれます。