Hisense社がCES2021で画期的なレーザーTVを発表

Hisense社はCES2021でたくさんの新しいレーザーテレビを発表しました。それらは私たちがこれまでに見た中で最もエキサイティングなもののいくつかです。

中国のブランドは、2021年に全歌、全踊りのデバイスをリリースする予定です。そこで、このビジュアルツアーデフォースの仕様を見てみましょう。

Hisense社の新しいTriChromaレーザーテレビのご紹介

CES 2021が発売され、最初のブランドはHisenseです。急速に成長しているディスプレイクリエーターは、まったく新しい範囲のTriChromaレーザーTVを考案しました。その中には、画面が組み込まれているものもあります。

Hisense Laser TVの画面には、最小の75インチディスプレイから最大の100インチまで、さまざまなサイズがあります。それなら、ここで映画を見たりゲームをしたりするのに十分な不動産があります。

それだけでなく、新しいレーザーTVに対応するディスプレイ画面を購入する時代も終わりました。 Hisense社の新しいTriChromaレーザーTVの一部にはディスプレイが組み込まれており、デバイスの電源を入れると自動的に上に伸びます。

これには、画面の素材がレーザーTVに最適であることをすでに知っているという利点があるため、画像に問題がないはずです。

Hisense社のTriChromaレーザーTVのその他の特徴は何ですか?

Hisense社のチーフディスプレイサイエンティストであるLiuXianrong博士は、Hisense社の新しいレーザーTVシリーズのコンセプトについて次のように説明しています。

デュアルカラーからフルカラーまで、元のRGBカラーを128%改善しました。テレビの最高の色域標準は、107%BT2020に達する可能性があります。非常に高い色純度を備えた3つの原色光源は、驚くべき色性能をもたらします。色域カバレッジは、DCI-P3フィルムのカラー標準の最大151%に達する可能性があります。これは、ハイエンドシネマをほぼ50%上回っています。

これらの主張が真実であるならば、本当に「ホームシアター」の縮図です。 Hisense社のTriChromaレーザーTVは、紙の上では素晴らしい音がします。

これはDLPテレビです。これは、デバイスのネイティブ解像度が実際には1080pしかない場合に、ピクセルシフトと呼ばれるプロセスを使用して4Kまたは8Kで画像を表示することを意味します。各ピクセルは各方向に0.5ピクセル移動し、より滑らかな画像と4Kまたは8Kテレビに一致する画像を作成します。

レーザーテレビが必要ですか?

レーザーTV(基本的にVAVAによく似た短焦点プロジェクター)の優れている点は、TVに比べて占有スペースが非常に少ないことです。

確かに、画面が必要ですが、ここにあるHisenseの一部のデバイスには実際にディスプレイが組み込まれているため、壁に何も固定する必要はありません。画面を使用していないときに展示されている壁にアートワークを掛けることができます。

それらは壁のすぐ近くにあるので、本当に確認する必要があるのは、ディスプレイとプロジェクター自体のためのスペースがあることだけです(かなり重い可能性があるので、これを覚えておいてください)。

Hisense社にとってエキサイティングな2021年

Hisense社は2014年に最初の100インチレーザーテレビを発売したばかりかもしれませんが、これはエンジニアや科学者が構築できる優れた基盤となっています。証拠はすべてHisense社の2021TrichromaTVでここにあります。