Halo Infiniteのキャンペーンには、RPGの仕組みが含まれます

HaloInfiniteの開発者である343Industriesは、今回も新しい塗装を施しましたが、ゲームのキャンペーンを再び披露しました。このゲームのキャンペーンは、もともとE3 2020の間に明らかにされ、そのグラフィックスに対して否定的なフィードバックを受け取りましたが、新しい塗装が施されているようで、RPG機能が付属しています。

Halo Infiniteのキャンペーンでは、プレイヤーは引き続きゼータリングと呼ばれる広いオープンワールドエリアに配置されます。当然、それはフランチャイズの他のキャンペーンほど直線的ではなく、代わりにプレイヤーは新しい敵の派閥であるバニッシュドに属する基地を破壊する任務を負っていることを意味します。ゲームのオープンワールドに散らばっているこれらの基地は、マスターチーフが特定の構造物に融合コイルを投げて爆破するというジャストコーズスタイルで取り組むことができます。

基地に加えて、プレイヤーはゲームのオープンワールドに散らばっている7種類の収集品を見つけることもできます。簡単に移動できるように、プレイヤーは、単純なマングースから新しい航空機、つまりワスプまで、特定のポイントで車両を呼び出すことができます。

ただし、 Halo Infiniteが他のフランチャイズから大きく離れているのは、RPGの仕組みが含まれていることです。旅行中に収集できる新しいリソースであるSpartanCoresを使用して、プレイヤーはマスターチーフのさまざまな能力をアップグレードできます。今日のトレーラーは、マスターチーフのグラップルショット、シールドコア、脅威センサー、ドロップウォール、スラスターがすべてアップグレードできることを示しました。同様に、ゲームには、フランチャイズの最初のミニボスとして機能する名前付きの敵が含まれているようです。

Halo Infiniteは、PC、Xbox One、Xbox Series X / S向けに12月8日に発売される予定です。このゲームは、初日にXbox GamePassからも入手できます。ただし、ゲームの起動時には、協力キャンペーンやフォージモードなど、いくつかの重要な機能失われます。