GoogleWorkspaceでCreativeCloudライブラリにアクセスできるようになりました

2020年3月、アドビはCreative Cloud for Gmailアドオンをリリースし、クリエイティブチームがGmailを介して外部のチームや企業とアセットをシームレスに共有できるようにしました。

アドビがアドオンを改善することでCreativeCloudとGoogleWorkspaceの統合を深めたため、2つのサービス間の連携はさらに改善されました。

GoogleドキュメントとスプレッドシートでCreativeCloudアセットにアクセスする

アドビは、GoogleWorkspace 用のCreativeCloudアドオンの新しいアップデートのおかげで、 Creative CloudLibrariesがGoogleドキュメントおよびスライドと統合れることを発表ました

ドキュメントアプリやスプレッドシートアプリで、ブランドの色、キャラクタースタイル、画像などのデザイン要素に直接アクセスできるようになりました。これは、特にDocsとSheetsがすでに提供しているリアルタイムコラボレーションと組み合わせると、非常に便利な機能です。

これらすべてにより、ブランドやマーケティングのドキュメント、ガイド、プレゼンテーションなどの信頼できる唯一の情報源を維持しやすくなります。さらに、統合により、クリエイティブな世界以外の利害関係者からのフィードバックを簡単に収集できます。

アドオンの新機能は、Adobeが最近Spark追加し共有ブランド機能に大きく影響を受けているようです。この機能を使用すると、すでに確立したデザイン要素を保存して使用することもできます。

全面的に同じ色相を持っていることを確認するために、カラーピッカーを開いて問題の色の16進コードをコピーして貼り付ける時代は終わりました。

Google Workspaceとは何ですか?

Google Workspaceは、検索大手のオンライン生産性およびコラボレーションツール(Gmail、連絡先、カレンダー、Meet、チャット、Currents、Drive、およびDocs)のコレクションです。現場に到着して以来、さまざまな呼び方がありますので、混乱しても汗を流さないでください。

以前の名前には、「Google Apps for Your Domain」、「Google Apps for Business」、「Google Apps for Work」、および単に「GoogleApps」が含まれます。 2016年には、「G Suite」と呼ばれるようになりました。これは、サービスがこれまでに持っていた恒久的なモニカにおそらく最も近いものでした。

Googleは、2020年に製品エクスペリエンスのブランドを3回目(できれば最後)に変更し、 ブログ投稿を通じて、GSuiteがそれ以降GoogleWorkspaceと呼ばれることを発表しました。

CBNCによると、2020年4月の時点でWorkspaceは少なくとも600万の有料企業によって使用されていました。その後、パンデミックのためにオンライン作業環境への移行を余儀なくされるチームが増えると予想されます。

実際、プレゼンテーションソフトウェア会社のPreziは、まさにその理由から、昨年2月GoogleWorkspaceとの統合を開始しました

Creative CloudとWorkspace:これまで以上に連携が向上

一部のクリエイティブプロジェクトは、仮想環境でのみ作業された結果、動きが遅くなるため、最も広く使用されているアプリに新しい時間節約機能を歓迎します。

あなたはワークスペース管理者ですか?アドビとグーグルは、チーム全体でアドオンを有効にするためのステップバイステップの手順を提供しています。