Googleドキュメントを使用して電子書籍をデザインおよびフォーマットする方法

電子ブックを書くプロセスは気が遠くなることがあります。多くの人は、フォーマット、本の表紙のデザイン、または出版について最初に知っていることはありません。プロセスのすべてのステップで専門家を雇うことは、時間と費用がかかる可能性がありますが、多くの作家がすでに知っていて愛している無料の便利なツールで独自の電子書籍を作成できます… Googleドキュメント!

この記事では、Googleドキュメントで電子書籍を作成、書式設定、デザインするプロセスについて説明します。に飛び込みましょう。

表紙の挿入

Googleドキュメントに書き込みを開始するには、空白の文書開くGoogleドキュメントを。空白のページは多くの作家にとって恐ろしいことですが、あなたはあなたの魔法を使う方法を学ぼうとしています。

人々は実際にはその表紙で本を判断するので、あなたの電子ブックの魅力的な表紙を作成することが重要です。 Googleドキュメントでは、テキストのみ、または画像を使用して、すっきりとしたデザインを作成できます。

表紙をデザインするには、[挿入] > [図面] > [新規]をクリックします。メニューから、線、図形、テキストボックス、および画像を追加できます。

あまりにも多くの要素が詰まっているうるさいカバーは読者があなたの本に興味を持ってしまうのを思いとどまらせるかもしれないので、物事のバランスを保つことを忘れないでください。必要なのは、本のタイトル、画像表現、および著者名だけです。

デザインが終了したら、[保存して閉じる]をクリックします。デザインは、作業中のGoogleドキュメントページに追加されます。

タイトルページの作成

ドキュメントの空白ページにタイトルページを追加します。タイトルを入力し、メニューバーの[スタイル]ボタンをクリックして、[タイトル]を選択します。

メニューバーの中央揃え機能を使用して、タイトルを一元化できます。 Ctrl + Shift + E (Windows PCの場合)およびCommand + E (Macの場合)をクリックするだけです。

タイトルを入力したら、次のページに移動して本を書き続けることができます。 [挿入]> [改ページ] > [改ページ]で改ページを挿入して、スクロール時間を節約します。

序文、序文、その他の予備的なテキストについても同じことを行います。ぶら下げインデントを追加してテキストスタイルを強化したり、ダブルスペースを追加してテキストスタイルを読みやすくしたりできます。

ページ設定の調整

一部の作家は、本のテキストを左マージンに揃えることを好み、一部の作家はそれを一元化することを好みます。どちらの方法でも、 [ファイル]> [ページ設定]でページテキストの配置をカスタマイズできます

ページのすべての側面のデフォルトの余白は2.54cmです。変更する場合は、テキストが偏って見えることがないように、すべての側面を変更してください。

Ctrl + Shift + Jをクリックして、ページ上のテキストを揃えます。これにより、テキストが左右の余白の両方に揃えられ、扱いにくいスペースがクリーンアップされます。

また、テキストを最適化する形式のページサイズを選択し、ページの希望する背景色を選択することもできます。

ページ番号の追加

[挿入] > [ページ番号]をクリックして、ページに番号を付けます。数字の配置には4つのオプションがあり、どれが一番好きかを選択できます。

[その他のオプション]をクリックして設定を指定することで、配置をカスタマイズすることもできます。

目次の作成

読者があなたの電子ブックにリストされている各トピック/章を追跡するのを助けるために目次を作成してください。 Googleドキュメントで自動目次を生成できます。これはMSWordで目次を生成するのと同様のプロセスです。

[挿入] > [目次]をクリックするだけです。現在、2つのオプションがあります。 1つ目は、右側に数字が付いたプレーンテキストの目次です。 2番目のオプションはページ番号を使用しませんが、代わりに、注記されたセクションにジャンプするハイパーリンクを作成します。

電子書籍を書いているので、クリック可能な目次を作成して、読者がスクロールせずに任意のセクションに簡単にスキップできるようにすることをお勧めします。

この機能を完全に機能させるには、Googleドキュメントの組み込みの見出しスタイルに従ってフォーマットすることが重要です。 Googleドキュメントは、見出し1を最上位のエントリとして使用して目次にデータを入力するため、章のタイトルに使用することをお勧めします。見出し2は、見出し1のサブセクションとして扱われ、見出し3は見出し2のサブセクションとして扱われます。

何らかの方法で見出しを変更した場合は、[更新]ボタンのように見える[目次の更新]ボタンをクリックして、それらの変更を反映するように目次を更新できます。

目次を削除するには、テーブルを左クリックして、メニューから[目次の削除]を選択します。

表とチャート

表やグラフでテキストを説明する必要がある場合があります。それらはGoogleドキュメントで直接追加できます。 [挿入]> [テーブル]をクリックしてテーブルを追加し、グリッドから必要なテーブルのサイズを選択します。

グラフを追加するには、[挿入] > [グラフ]をクリックして、棒グラフ、縦棒グラフ、円グラフ、または折れ線グラフを選択します。デフォルトのグラフがドキュメントに追加されますが、必要に応じてカスタマイズするためにGoogleスプレッドシートにリダイレクトされることに注意してください。

参考文献の追加

Googleドキュメントでは、MLA、APA、またはシカゴスタイルでドキュメントに引用と参考文献を追加できます。

[ツール]> [引用]をクリックして開始し、サイドバーから好みのスタイルを選択します。次に、ソースの種類(本、ジャーナル、Webサイトなど)とソースへのアクセス方法(印刷物、Webサイト、オンラインデータベース)を選択します。

次に、寄稿者の詳細を追加します。関係がないと思われる場合は、一部のフィールドをスキップできますが、一部のフィールドは必須です。必須フィールドは、寄稿者の名前のようにアスタリスクが付いているフィールドです。引用を追加する前に、すべての必須フィールドに入力する必要があります。

必要な詳細をすべて入力したら、[引用元の追加]をクリックします。

あなたの単語数をチェックする

単語数の制限を使用していますか? [ツール] > [ワードカウント]またはCtrl + Shift + Cをクリックして、書き込みをチェックします。書いた数字や単語、文字が表示されます。

あなたの電子ブックをエクスポートする

あなたの本を終えましたか?すごい仕事!あなたの傑作をエクスポートする時が来ました。 [ファイル]> [ダウンロード]> [EPUB]をクリックして、ファイルをエクスポートします。

EPUBは、すべてのオンライン書店が使用できるユニバーサル形式でテキストをきれいにエクスポートするため、電子書籍配布の標準形式です。 EPUBファイルは、さまざまな画面でも非常に反応します。

配布する前に、まずテキストをPDFとしてエクスポートして、すべてが正常であることを確認できますが、EPUBとして配布することをお勧めします。

あなたは今あなたの電子ブックのフレームワークを持っています

そして、あなたはそれを持っています。 Googleドキュメントを使用してレイアウトされた電子書籍のフレームワーク。まだ行っていない場合は、実際の内容を書き込むだけで、準備は完了です。