Googleドキュメントのマージンを変更する方法

Googleドキュメントでドキュメントを作成するときは、コンテンツだけではありません。適切にフォーマットされたドキュメントも重要です。これには、行間、段落スタイル、そしてもちろんマージンなどの要素を含めることができます。そして、これらの種類のアイテムは、たとえば学校のエッセイなどのドキュメントにとって特に重要です。

ここでは、オンラインのGoogleドキュメントとモバイルアプリでマージンを変更する方法を示します。

オンラインGoogleドキュメントのマージンを変更するには、いくつかの方法があります 。どちらも簡単なので、どちらを選ぶかはあなた次第です。

マージンを変更する最初かつ最速の方法は、ルーラーを使用することです。ルーラーが表示されていない場合は、メニューから[ 表示] > [ ルーラーの 表示 ]をクリックします。すると、上部と左側に1つのディスプレイが表示されます。

左マージンを変更するには、定規の左側にある長方形/三角形の組み合わせの上にカーソルを置きます。小さな矢印と青い垂直線が表示されます。

左マージンを増減するには、内側または外側にドラッグします。四角形または三角形を個別にドラッグしないように注意してください。ドラッグすると、ページのマージンではなく、段落に影響します。

右マージンを変更するには、定規の右側にある三角形の上にカーソルを置きます。矢印と青い線が表示されたら、内側または外側にドラッグしてマージンを変更します。

上または下のマージンを変更するには、ルーラーにカーソルを置いて、影付きの領域が白に変わるのを確認します。小さな矢印と青い水平線が表示されます。次に、上下にドラッグしてマージンを増減します。

いずれかの側でルーラーを使用してマージンを編集するためにドラッグすると、カーソルを移動するとサイズ(インチ単位)が調整されます。これにより、より正確になります。ただし、より正確にするには、以下の手順に従って、ページ設定を使用してマージンを変更します。

マージンに特定の測定値を入力する場合、たとえば1インチのマージンが必要な場合は、次の手順に従ってください。

  1. ドキュメントをGoogleドキュメントで開いた状態で、メニューから[ ファイル ]をクリックし、[ ページ設定 ]を選択します
  2. マージン列の下のボックスに、上、下、左、右の測定値入力します。
  3. [ OK]をクリックして、マージンの変更を適用します。

マージンの変更-Googleドキュメント

Googleドキュメントでデフォルトのページ余白を設定する

必要に応じて、Googleドキュメントのマージンをデフォルトの測定値にオンラインで設定できます。これにより、新しいドキュメントを作成するたびに、余白が同じサイズに設定されます。これは、ドキュメントに特定のマージンサイズが必要な場合に便利です。

  1. ドキュメントを開くか、デフォルトのマージンサイズを適用する新しいドキュメントを作成します。
  2. メニューから[ ファイル ]をクリックし、[ ページ設定 ]を選択します
  3. 4つの辺すべての余白列の下のボックスに測定値入力します。
  4. [ デフォルトに設定]をクリックします。
  5. OKを押します

デフォルトのマージン-Googleドキュメントを設定

Googleドキュメントで次の空白のドキュメントを作成するときに、 [ファイル]> [ページ設定]に移動して、マージンが選択したデフォルトの測定値に設定されていることを確認できます。

マージンをデフォルトのサイズに設定しても、ギャラリーからGoogleドキュメントテンプレートを使用してドキュメントを作成する場合は適用されません。ただし、前述のように、テンプレートのマージンを調整することはできます。

Googleドキュメントの列の余白を調整する

文書を列でフォーマットする場合でも、Googleドキュメントで余白を変更して、列ごとに異なるように設定することができます。

上記のいずれかの方法を使用して、技術的にはページ余白である左端と右端の余白を設定します。したがって、ルーラーまたはページ設定メニューを使用できます。ただし、内側のマージンや列のインデントについては、ルーラーを使用する必要があります。

最初の列内をクリックすると、右上に青い三角形が表示されます。これは、最初の列の右マージンです。三角形を内側または外側にドラッグして、列のマージンを調整します。

2番目の列内をクリックすると、左側のページ余白を変更するために使用する四角形/三角形の組み合わせが表示されます。そのため、カーソルをそのコンボの上に置き、内側または外側にドラッグして、その列のマージンを調整します。

列の余白を変更する-Googleドキュメント

3列のレイアウトを使用する場合、3番目の列を変更するために、ルーラーに同じ青いインジケーターが表示されます。列内をクリックするまで表示されないことを覚えておいてください。

モバイルのGoogleドキュメントでマージンを調整する

Googleドキュメントモバイルアプリ使用している場合、マージンの操作は少し異なります。この機能は、Androidの現在のバージョンのGoogleドキュメントには表示されません。ただし、iOSでは表示されます。

iPhoneまたはiPadをお使いの場合は、デバイスのGoogleドキュメントでマージンを変更する方法を次に示します。

  1. Googleドキュメントでドキュメントを開き、右上の3つの点でメニューにアクセスします
  2. [ ページ設定]を選択します
  3. 余白をタップします。
  4. 以下で説明されている狭、デフォルト、広、またはカスタムから選択します。
  5. 適用アイコンをタップします。

マージンの変更Google Docs-iPhone

ナロー :4辺すべてに0.5インチのマージン。

デフォルト :4辺すべてに1インチのマージン。

ワイド :上下に1インチのマージンがあり、側面に2インチのマージンがあります。

カスタム :数字をタップし、キーパッドを使用してマージンを任意のサイズに変更します。

列の余白を調整する

iOSのGoogleドキュメントアプリで列のマージンを変更する場合は、基本的に上記のようにページのマージンを編集してから、列の間隔を増減します。

ページのマージンを設定したら、列の間隔を調整する方法は次のとおりです。

  1. [ 書式 ]ボタン(上部のプラス記号の横にある大文字のAアイコン)をタップします。
  2. レイアウトを選択
  3. 列間隔の横の矢印を使用して、列間のスペースを増減します。

ダウンロードiOS向け Googleドキュメント(無料)

Googleドキュメントでマージンを設定または変更する場合、かなり簡単に使えるツールがいくつかあります。ルーラーは余白をすばやく編集するのに非常に便利ですが、ページ設定は正確な余白サイズに最適です。したがって、その時のニーズに応じて、どちらか一方、または両方を使用してください。そして、デフォルトでマージンを設定するオプションを忘れないでください!