Googleドキュメントに境界線を追加する方法

専門的な文書は特定の方法で見えます。書式設定は全体を通して視覚的に一貫しているので、注意が必要です。重要な画像やトピックが目立ち、長いドキュメントの場合、セクションや章が適切に定義されます。

ボーダーグーグルドキュメント

Googleドキュメントの境界線

ドキュメント内の境界線は、コンテンツの整理にはあまり役立ちませんが、見栄えはよくなります。努力するつもりなら、各章に異なる境界線を適用して、読者に新しい/異なる章を読んでいるという視覚的な手がかりを与えることができます。

残念ながら、Googleドキュメントには境界ツールがありません。あなたがそれを挿入したいなら、あなたは創造的にならなければならないでしょう。 Googleドキュメントに境界線を追加する方法は次のとおりです。

1.テーブルを作成します

1×1のテーブルを作成し、テーブル内にテキストを配置できます。この方法の欠点は次のとおりです。

  • ページの境界に沿ってかなりのスペースを浪費します
  • 各ページに手動でテーブルを挿入する必要があります
  • テーブル内のテキスト、画像、およびテーブルの管理は課題になります

テーブルボーダーを挿入するには、

  1. [挿入]> [テーブル]に移動します。
  2. 1×1のテーブルが表示されるように、左上のセルのみを選択します。
  3. 挿入したら、テーブルの内側をクリックします。
  4. テーブルの高さがページの長さに達するまでEnterキーを押します。
  5. 右上に、ペンツールが表示されます。
  6. ツールを使用して、テーブルの境界線の色を変更します。

2.描画ツールを使用する

Googleドキュメントには境界線ツールはありませんが、描画ツールはあります。これを使用して、ページ全体に線を引き、境界線を作成できます。

  1. 新しいGoogleドキュメントファイルを開く
  2. [挿入]> [描画]> [新規]に移動します。
  3. 開いたウィンドウで、形状描画ツールを選択します。
  4. 長方形を挿入します
  5. 塗りつぶしを削除します。
  6. 線の太さと色を変更します。
  7. 線のスタイルを変更します。つまり、破線、点線などです。
  8. [保存]をクリックします。
  9. 長方形がドキュメントに挿入されたら、それをドラッグしてページを埋めます。

すべてのページで繰り返します。

3.画像を使用する

この方法では、Googleドキュメントで可能な限り最も装飾的な境界線を挿入できます。また、作業が難しくなります。画像形式のフレームを見つける必要があります。 PNG形式は透過性をサポートしているため、PNG形式である必要があります。

  1. Googleドキュメントでドキュメントを開きます。
  2. [挿入]> [画像]に移動します。
  3. ローカルドライブまたはリンクから画像をアップロードします。
  4. 挿入したら、境界線として機能するように画像を調整します。
  5. 画像オプションからテキストの後ろに送信します。

結論

境界線はどのドキュメントにも必須ではありませんが、ドキュメントの見栄えを良くします。優れたドキュメントを作成するためにデザインだけに頼ることはできませんが、しっかりした、よく書かれたドキュメントを準備したら、見栄えを良くすることは、努力して作成されたことを示すための優れた方法です。

Googleドキュメントに境界線を追加する方法の投稿は、 AddictiveTipsに最初に掲載されました。