Googleドキュメントで単語数を確認する方法

Googleドキュメントドキュメントに含まれている単語、文字、またはページの数を知りたいですか? Googleドキュメントの単語カウントツールはまさにそれを教えてくれます。この気の利いた小さな機能は、ドキュメント内の単語の数を数え続け、必要なときにいつでも情報を提供します。

デスクトップとスマートフォンの両方のGoogleドキュメントで単語数を確認する方法は次のとおりです。

デスクトップ上のGoogleドキュメントで単語数を確認する

デスクトップ上のGoogleドキュメントには、単語数を確認するためのメニュー項目とキーボードショートカットの両方が用意されています。

ドキュメントでこれらの両方の方法を使用する方法は次のとおりです。ドキュメント全体および特定の選択の単語数を見つける方法を説明します。

1.Googleドキュメントドキュメント全体の単語数を見つける

ドキュメント全体の単語数を知りたい場合は、Googleドキュメントで数回クリックするだけで検索できます。

  1. ウェブ上のGoogleドキュメントでドキュメントを起動します。
  2. 上部の[ツール]メニューをクリックして、[ワードカウント]を選択します。または、WindowsではCtrl + Shift + C 、macOSではCommand + Shift + Cを押します。
    Googleドキュメントの単語数メニューにアクセスします。
  3. ドキュメントの単語数を示すウィンドウが表示されます。単語、ページ、文字の総数がわかります。
    Googleドキュメントのワードカウントウィンドウ
  4. [ OK]をクリックしてボックスを閉じます。

2.Googleドキュメントで選択したテキストの単語数を検索します

Googleドキュメントで段落、文、またはその他の選択したテキストの単語数を検索する場合は、同じ方法に従ってください。

  1. マウスまたはキーボードの選択キーを使用して、単語数を検索するテキストを選択します。
  2. 上部の[ツール]メニューをクリックして、[ワードカウント]を選択します
  3. 表示されるウィンドウには、 X of Yワードが表示されます。ここで、 Xは選択したテキストのワード数、 Yはドキュメント内のワードの総数です。
    Googleドキュメントで選択されたテキストの単語数。

3.画面上の単語数をGoogleドキュメントに追加します

Googleドキュメントには、ドキュメント編集画面に追加するリアルタイムのワードカウンターが用意されています。このトラッカーを有効にすると、単語数を確認するたびに[ツール]メニューを開く必要がなくなります。

Googleドキュメントで画面上のワードカウンターを有効にする方法は次のとおりです。

  1. 上部の[ツール]メニューを選択し、[ワードカウント]をクリックします
  2. [入力中に単語数を表示する]チェックボックスをオンにします。
  3. Googleドキュメントの単語数が左下隅に表示されます。
    Googleドキュメントの画面上のワードカウンター。

単語数はこのドキュメントにのみ記載されていることに注意してください。作成または編集する他のドキュメントごとに有効にする必要があります。

スマートフォンのGoogleドキュメントで単語数を確認する

AndroidおよびiOS用のGoogleドキュメントは、単語カウント機能も提供します。この機能には、デスクトップブラウザと同じように簡単にアクセスできます。

1.モバイルでGoogleドキュメントドキュメント全体の単語数を見つける

  1. Googleドキュメントアプリでドキュメントを開きます。
  2. 右上隅にある3つのドット )をタップし、[単語数]を選択します
  3. ドキュメント全体の単語数が表示されます。

2.モバイルのGoogleドキュメントで選択したテキストの単語数を検索します

  1. 単語数を検索するテキストを選択します。
  2. 右上隅にある3つのドット )をタップし、[単語数]を選択します
  3. X of Yと表示されます。ここで、 Xは選択した単語の数、 Yはドキュメント内の単語の総数です。

GoogleスプレッドシートとGoogleスライドでワードカウントを利用できますか?

GoogleスプレッドシートとGoogleスライドは、単語カウント機能を提供していません。ただし、これらのオンラインアプリの単語数を見つけることができる回避策があります。

Googleスプレッドシートでは、次の数式を使用して、選択したセルの単語をカウントする必要があります。これは、Googleドキュメントの公式ワードカウンターと同じように機能するはずです。

 =COUNTA(SPLIT([INSERT CELL NUMBERS], " "))

Googleスライドの場合、現在、スライドからコンテンツをコピーしてGoogleドキュメントに貼り付け、そこで単語カウント機能を使用する以外に方法はありません。

他の種類のドキュメントについては、通常、オンラインで利用できる無料の単語カウントツールがたくさんあります。

Googleドキュメントであなたの言葉を数えることはこれほど簡単ではありませんでした

作業中のドキュメントが何であれ、単語を追跡する必要がある場合は、Googleドキュメントのワードカウンターが非常に便利なツールです。サードパーティの拡張機能を見つけてインストールする必要がなくなります。

Googleドキュメントにまだ組み込みの機能がないかのように、その機能をさらに拡張するためにインストールできるアドオンもたくさんあります。これらの拡張機能は通常、ドキュメントがまだ埋めていない他のギャップを埋めます。