Googleドキュメントで余白を編集する方法

ドキュメントプロセッサには、事前設定されたマージンがあります。これは良いことです。なぜなら、ドキュメントの印刷に関しては、最後に心配したいのは、印刷がどのように見えるかということです。余白の設定が不十分だと、ドキュメントの見栄えが悪くなり、余白がページの外側にある場合、テキストが「オーバーラン」する可能性があります。

Googleドキュメントのマージン

Googleドキュメントのマージン

Googleドキュメントはオンラインドキュメントプロセッサですが、そこで作成したドキュメントは印刷したり、PDFファイルとして保存したりできます。そのため、マージンは、MicrosoftWordドキュメントと同様にGoogleドキュメントドキュメントでも重要です。 Googleドキュメントのマージンは自動的に設定されます。ユーザーは、すべての面に1インチの余白があるA4サイズのページを取得します。これは変更できます。

Googleドキュメントで余白を編集する

Googleドキュメントで余白を編集する場合、ドキュメントごとに編集することも、すべてのドキュメントに適用することもできます。一部のドキュメントにカスタムマージンを使用する場合は、ドキュメントの作成を開始する前にマージンを設定することをお勧めします。いつでも編集できますが、画像やテーブル幅などを調整する必要があるため、後で時間がかかる場合があります。

  1. 余白を編集するGoogleドキュメントドキュメントを開きます。
  2. [ファイル]> [ページ設定]に移動します。
  3. マージンフィールドで、マージンを上、下、左、右から増減します。
  4. [OK]をクリックして、変更を現在のドキュメントに適用します。
  5. [デフォルトとして設定]をクリックして、Googleドキュメントで作成するすべてのドキュメントに変更を適用します。

[ページ設定]ボックスでは、余白を編集した後の書き込みスペースの量を視覚的に確認することはできません。 Googleドキュメントで余白を編集するためのより視覚的な方法が必要な場合は、ルーラーを使用してください。

  1. Googleドキュメントドキュメントを開きます。
  2. 上部には、マージンが設定されている場所の定規とスライダーが表示されます。
  3. スライダーをクリックしてドラッグし、マージンを増減します。
  4. また、上下の余白を管理するためのスライダーが付いた定規が側面に表示されます。

ルーラーが表示されない場合は、[表示]> [ルーラーを表示]に移動します。

結論

1インチのマージンは、ドキュメントおよびドキュメントプロセッサではかなり標準的ですが、学術出版物によっては、マージン要件が異なる場合があります。同様に、出版雑誌も提出物のフォントタイプ、サイズ、余白を指定します。そのため、Googleドキュメントで余白を変更する方法を知っておくとよいでしょう。余白は用紙サイズに関連付けられていません。同じ余白を異なる用紙サイズに適用できます。

Googleドキュメントで余白を編集する方法の投稿は、 AddictiveTipsに最初に掲載されました。