Googleデータを自動的に削除できるようになりました

これで、一定の期間が経過した後、Googleにデータを自動的に削除させることができます。これにより、覚えているときに手動でそのようなデータを削除する必要がなくなります。また、自動削除機能は新しいユーザーに対してデフォルトで有効になります。

執筆時点では、Googleの自動削除コントロールは、ウェブとアプリのアクティビティ、ロケーション履歴、YouTube履歴で利用できます。 3つすべてに、Googleアカウントの[アクティビティ管理]ページで有効にできる自動削除オプションが追加されました。

Googleがデータを自動的に削除します

自動削除コントロールは、2019年5月に初めて導入されました。キーワードに関する投稿で、Googleはあなたのデータが「Google製品をより便利にする」のに役立つと説明しました。したがって、このデータの提供を継続することをお勧めするために、一定の期間が経過すると自動的に削除されます。

最初にGoogleにデータを提供する必要はないことに注意してください。スライダーを[ アクティビティ管理]ページの左側に移動するだけで Googleがアクティビティを保存しなくなります。ただし、これにより、Googleがエクスペリエンスをパーソナライズできなくなります。

これが自動消去オプションの出番です。この機能は、3〜18か月後(ユーザーの選択による)にGoogleがそのデータを削除することを認識しながら、Googleがサービスを通じてアクティビティを保存する(およびパーソナライズされたエクスペリエンスを提供する)ことを許可できることを意味します。

Googleデータを自動的に削除する方法

Googleにアクティビティデータを自動的に削除させるには、Googleアカウントにログインして、[アクティビティ管理]ページにアクセスします。手動で見つけるには、プロフィールをクリックし、[ Googleアカウントの管理]> [データとカスタマイズ]> [アクティビティ管理を管理 ]をクリックします

ウェブとアプリのアクティビティロケーション 履歴、YouTube履歴に 自動削除オプションが表示されます 。次に、それをクリックして、「3か月以上経過したアクティビティを自動的に削除する」または「18か月以上経過したアクティビティを自動的に削除する」を選択します。

以前は、手動でデータを削除するしかありませんでした。新しい自動パージコントロールを使用すると、指を離すことなく、Googleにデータを削除させることができます。また、新しいユーザーはデフォルトで自動削除が有効になります。

データの使用方法に注意してください

誰もが、自分たちが生成したデータがオンライン中にどのように使用されるかについてもっと理解する必要があります。 Googleがパーソナライズとプライバシーのギャップを埋めようとしているこれらの自動排除チェックは、同社が人々の懸念を真剣に受け止めていることを示唆しています。

Googleのような企業がデータをどのように使用するかについて心配していなくても、データが他の世界から漏れる可能性は常にあります。それを念頭に置いて、 ハッカーからデータを保護する簡単な方法をいくつか紹介します。

記事全体を読む: Googleデータを自動的に削除できるようになりました

(出典)

Facebookへのコメント