Googleスプレッドシートでテキストを回転させる方法

Googleスプレッドシートでは、列と行のサイズを調整するか、テキストの折り返しを使用して、テキストをセルに収めることができます。ただし、スプレッドシートが読みにくくなる場合があります。このような状況では、列と行の幅を調整する代わりに、セル内のテキストを回転させてみてください。

Googleスプレッドシートでのテキストの回転は、狭い列内に強制的に挿入されるヘッダーに最適です。ただし、どのセルのどのデータでも回転できます。

Googleスプレッドシートでテキストを回転させる簡単な方法

回転するセルを選択します。この例では、ヘッダー行を選択します。 2つの方法を使用して、セル内のデータを回転できます。

テキスト回転ボタンを使用します。すぐ下のスクリーンショットに示すように、傾斜した文字「A」が付​​いたツールバーのボタンを選択します。

書式メニューを使用します。ツールバーの「フォーマット」メニューを選択します。次に、以下のスクリーンショットに示すように、テキストの回転を選択します。

2つの方法のいずれかを使用できます。次の手順で決定する必要があるのは、セルに表示するデータの方向と角度だけです。どちらの方法でも、カスタム角度を設定できます。

シートのテキストを水平から垂直に変更する

列間のスペースが狭い場合、テキストを垂直方向に向けることができます。

  1. ヘッダー行A1:G1のセル範囲を選択します。
  2. ツールバーに移動し、[ フォーマット]> [テキストの回転]を選択します。 [上に回転]を選択ます。
  3. 文字の向きを逆にする[ 回転]の使用を選択することもできます。 Googleスプレッドシートの縦書きのスクリーンショット

これらの2つの違いは、テキストを反転させて水平ではなく垂直に表示する[垂直にスタック ]オプションとの違いです。

テキストボックスでテキストを回転する方法

テキストボックスは、大きなテキストブロックを表示したり、スプレッドシート内の統計データの外観を強化したりするのに適した方法です。テキストボックスは、任意の方向に向けることもできます。以下の手順を使用して、選択したテキストをテキストボックスに挿入します。

  1. [ 挿入]> [図面]を選択します。
  2. 描画ウィンドウで、 テキストボックスアイコンを選択し、ドラッグしてキャンバスに描画します。
  3. テキストを入力し、必要に応じてフォーマットします。必要に応じて、テキストボックスのサイズを調整します。
  4. プラス記号「+」が表示されるまで、テキストボックスの上部近くにマウスを置きます。これを使用して、テキストボックスを必要な角度に回転させます。 Googleスプレッドシートでテキストを回転させる描画を挿入
  5. [ 保存して閉じる]をクリックして、スプレッドシートにテキストボックスを挿入します。これで、シート上の任意の場所にドラッグして配置できます。

Googleスプレッドシートでテキストを回転する方法を習得するには、ほんの数秒しかかかりません。ただし、スプレッドシートで密にパックされたデータを管理するのに役立つ場合があります。生産性を高めるためのいくつかの簡単なGoogleスプレッドシートのヒントを取り上げます。