Googleアシスタントは、まもなくスマートフォンの電源を切る許可を得る可能性があります

Googleアシスタントは何でもできるように感じることもありますが、それでもスマートフォンで機密性の高い管理コマンドを実行する機能がありません。しかし、グーグルがそのチャーピーなデジタルヘルパーがあなたの電話をオフにすることを許可するかもしれないことを示唆する証拠が現れました。

スマートフォンでのGoogleアシスタントの新しい権限

9to5Googleのワシの目の人々は、 APKインサイトで更新を見つけました。このアップデートには、Googleアシスタントがスマートフォンの電源を切ることができる潜在的な新機能が含まれています。

Android 12では、Googleが作成したため、電源ボタンを長押しすることでアシスタント呼び出すことができます。ユーザーが電源ボタンをGoogleアシスタントに関連付けるようになったので、音声コマンドを使用して電話の電源をオフにできるようにするのは論理的です。

新しいアップデートに含まれるいくつかのドキュメントでは、Googleは2つの方法のいずれかで電話の電源を切ることができると述べています。まず、電源ボタンと音量大ボタンを同時に押して電源メニューを表示できることを示しています。次に、「アシスタントを開いて「電源を切る」と言う」ことができます。

現在、Googleアシスタントにスマートフォンの電源を切るように依頼することはできないため、これは興味深いことです。そうした場合、代わりに手動で電話の電源を切る方法を説明します。この警告は、Googleが、誤解されたコマンドで誤って電話を切ってしまうことを望んでいないためと考えられます。

今、グーグルはこの機能を進めたいようです。残念ながら、執筆時点では、この音声コマンドはドキュメントにのみ記載されています。つまり、それがどのように機能するかについては確信が持てません。

たとえば、「ねぇGoogle、電源を切って」と言うと、スマートフォンがすぐにシャットダウンする可能性があります。または、Googleアシスタントが再確認して、実際にスマートフォンの電源を切りたいのか、それとも間違えたのかを確認します。また、ボタンを使用してアシスタントを呼び出す場合にのみ「電源オフ」コマンドを許可して、会話の途中で人々の電話がオフになるのを防ぐことができます。

Googleがどのルートをとるかに関係なく、最終結果がどのようになるかを待つ必要があります。それは、最終結果が表面化した場合です。このドキュメントがコードに隠されているからといって、結局のところ、技術の巨人が間違いなくそれをリリースするという意味ではありません。

Googleアシスタント用の新しい音声コマンド?

潜在的な新しい「電源オフ」コマンドが最近のアップデートで登場し、Androidのコードに埋もれてしまいました。日の光が見えるかどうかはわかりません。ただし、そうであれば、ユーザーは自分の音声でデバイスをさらに細かく制御できるようになります。

Googleアシスタントで名前の言い方に問題がある場合は、正しく言うようにトレーニングできるようになったことを知りたいと思うでしょう。音声で綴るか、Googleアシスタントに話しかけるかを選択して、何と呼べばよいかがわかります。

画像クレジット:Piotr Swat / Shutterstock.com