GoogleはPlayストアの開発者料金を最低10%に引き下げます

Googleは本日、Playストアでの販売を開発者にとってより魅力的なものにするための新しい動きを発表しました。現在、同社はすべてのサブスクリプション販売に対して30%を請求し、1年後には15%に引き下げています。 2022年以降、デベロッパーは初日から15%の支払いを請求されるようになり、GoogleはPlay Media Experience Programに登録されているアプリの料金を10%に引き下げるように動きます。

「デジタルサブスクリプションは、開発者にとって最も急速に成長しているモデルの1つになっていますが、サブスクリプションビジネスは、顧客の獲得と維持において特定の課題に直面していることを私たちは知っています。 Googleは、デート、フィットネス、教育、その他の分野のパートナーと協力して、ビジネスのニュアンスを理解してきました」と、Googleの製品管理担当副社長であるSameerSamat は発表の中説明しました。 「現在のサービス料金は、12か月の定期的なサブスクリプションの後、30%から15%に下がります。しかし、顧客離れにより、サブスクリプションビジネスがその割引料金の恩恵を受けることが困難になると聞いています。ですから、できることを確実にするために物事を単純化しています。」

Playストアアプリ。

新しい料金体系は2022年1月1日に開始され、99%の開発者に利益をもたらすとGoogleは述べています。つまり、その日以降にPlayストアからサブスクリプションを購入した場合、Googleは最初から開発者に合計支払い額の15%のみを請求します。 Googleは、 Play MediaExperienceプログラムのアプリとサービスにも変更を加えます。これらのアプリは、15%の割引料金と引き換えに、Google TV、Android Auto、Google Wear、GoogleCastなどのクロスプラットフォームエクスペリエンスをサポートして構築されました。 2022年1月1日以降、その料金は10%まで下がります。

Googleの新しい動きは、PlayストアとApple App Storeの30%の料金に面倒なものとして挑戦する開発者の努力の結果です。同社はこの点で多くの先制的な動きを見せ、中小企業に請求する手数料(年間100万ドル未満の収益)を15%に引き下げました。韓国のような一部の国がPlayストアを別の支払いメカニズムに開放するように命令するのを止めるだけでは十分ではありませんでしたが、このような動きは開発者やコンテンツプロバイダーからのさらなる不満を鎮めるのに大いに役立ちます。 Googleは、この変更に前向きに対応したパートナーの例として、BumbleとDuolingoを挙げています。