GoogleはAirDropに追いつくためにNearbyShareのアップグレードを準備します

Googleは、 Nearby Shareに自己共有システムを追加しているようです。これにより、同じGoogleアカウントを使用して2つのデバイス間でファイルをワイヤレスで転送する煩わしさが軽減されます。近くの共有は、Androidエコシステムが独自のAirDropライバルを獲得するのに最も近いものですが、Appleのワイヤレスファイル共有システムほど便利ではありません。

その理由は、共有のGoogleアカウントを使用してデバイス間で数枚の写真を送信した場合でも、転送ごとに許可を求める必要があるためです。 EsperのMishaalRahmanは、Neighborhood Shareの新しい「セルフシェア」モードを発見しました。これにより、専用のYourDevicesトグルが可視性設定に追加されます。

近くの共有の「自己共有」モードを使用すると、共有を承認しなくても、同じGoogleアカウントにサインインしている他のデバイスとファイルをすばやく共有できます。

これは私が見ることができるものからまだ展開されていませんが、最新バージョンのGooglePlayサービスに存在しています。 pic.twitter.com/wdtxoiE2oz

—ミシャール・ラーマン(@MishaalRahman) 2022年4月19日

この機能は最新バージョンのGooglePlayサービスで利用できますが、まだユーザーに公開されていません。有効にすると、ユーザーはすべての転送を承認しなくても、同じGoogleアカウントの2つのデバイス間でファイルを共有できるようになります。

セルフシェアモードは、プロセス全体をはるかに便利にし、真のAirDropライバルに近づけます。近くの共有は、AirDropがAppleIDを利用するのと同じ方法でGoogleアカウントに依存し始めます。

しかし、Googleが多くのことを間違えているわけではありません。 AirDropと比較すると、NearbyShareにはすでに1つのクールなトリックがあります。タップしてNFC経由で開始します。 NFCが有効になっている2台の電話間でファイルを転送する場合は、一方の電話で[Nearby Share]を開き、もう一方の電話の背面をタップします。電話は即座にペアリングされますが、実際のファイル共有は、AirDropが機能するのと同じように、BluetoothとWi-Fiウェーブを介して行われます。

その展開に関する大きな質問については、まあ、Googleは何の情報も共有していません。ただし、 Google I / Oイベントはわずか数週間先であり、履歴が何らかの兆候である場合は、NearbyShareのよりシームレスなバージョンがGoogleの開発者イベントで詳しく説明される可能性があります。噂によると、待望のPixel6aPixelWatchもイベントに登場する可能性があります。