Googleは視覚障害者のためにAndroidをより良くしている

Googleは、Androidで点字のサポートを強化し、次のメジャーアップデートが今秋に予定されています。同社はこれをグローバルアクセシビリティアウェアネスデーに発表しました。この動きは、今週初めにAppleが同様の発表をした後に行われた。

Android 12以下では、電話を快適に使用するために点字ディスプレイが必要な視覚障害のある人は、Playストアから点字バックアプリをダウンロードし、Androidデバイスを点字ディスプレイに接続する必要があります。同社は現在、点字ディスプレイのサポートをAndroid自体に直接構築しています。 7月にリリースが予定されているAndroid13Beta3でのテストに利用できるようになります。

Google I/OでのAndroid13。

「この新しいアップデートでは、ほとんどの点字ディスプレイを使用するために追加のダウンロードは必要ありません。人々は点字ディスプレイを使用して、トークバックで利用できる同じ機能の多くにアクセスできます。たとえば、表示ボタンを使用して画面をナビゲートし、メールの作成、電話の発信、テキストメッセージの送信、本の閲覧などのアクティビティを実行できます」と、アクセシビリティアナリストのGoogleのNimerJaber氏は投稿で述べています。

Googleは、点字ディスプレイとのTalkBackサービスの互換性も改善しています。 TalkBackは、視覚障害のあるユーザーが音声による指示に頼っていても、デバイスを使用できるようにすることを目的としたもう1つのサービスです。スクロール用の新しいショートカットと、ドキュメントを操作するときに強化された編集機能をもたらす追加のショートカットにより、ナビゲーションが改善されています。これは、次のAndroid13ベータリリースでのテストにも利用できるようになります。

より優れた、よりアクセスしやすいオペレーティングシステムを作成しているのはGoogleだけではありません。 Appleはまた、ドア検出、ライブキャプションなどの新しいアクセシビリティ機能をiOS16にもたらすことを発表しました。両方のアップデートは、互いにかなり近い時間にリリースされます。 Android 13は9月にリリースされる予定で、iOS16はその直後にリリースされます。