Gmailアカウントを作成した正確な日付を見つける方法

Gmailアカウントの古さを知りたいですか? Gmailのアカウント復元プロセスを実行する必要がある場合は、Gmailアカウントの作成日を知っていると非常に便利です。

Gmailアカウントが作成された正確な日付を確認する方法は、次のとおりです。

初めてGmailアカウントを作成すると、以前の友好的なGoogleからウェルカムメールが送信されます。そのメールの正確な内容は、サービスが2004年にベータ版を開始してから変更されています。

それを見つけるには、「 すべてのメール」フォルダに移動します。右上のページ設定情報にカーソルを合わせ、[ 最も古い ]をクリックします。これにより、最初に受信したメールが上部に表示されます。ただし、2004年より前にGmail以外のメールを受信トレイにインポートした場合、ウェルカムメールは一番上に表示されません。また、すべてのメールを保持していない場合も表示されません。

メールを見つける別の方法は、「ようこそ」、「Gmailチーム」、「gmail-noreply@google.com」、または「googlecommunityteam-noreply@google.com」を検索することです。

歴史の一部として、最初のウェルカムメールは次のように開きました。

まず、ようこそ。 Gmailのテストにご協力いただきありがとうございます。これで、Gmailが従来のウェブメールサービスと異なる主な点をご存じでしょう。ファイリングの代わりに検索。無料のギガバイトのストレージ。会話として会話中に表示されるメッセージ。

これは予期しないものですが、POP設定にGmailアカウントの作成日が表示される場合があります。

これにアクセスするには、右上の歯車アイコンをクリックし、[ すべての設定を表示]を選択して、[ 転送とPOP / IMAP ]をクリックします。興味がある場合POPとIMAPの意味についての記事を参照してください。

POPダウンロードセクションで、 ステータス行を確認します。運が良ければ、次のように表示されます。

1.ステータス:[日付]以降に到着したすべてのメールでPOPが有効になっています

ただし、POP設定を変更したことがある場合、または設定が事前に構成されている可能性のある組織アカウントを使用している場合、日付は表示されません。

Googleデータエクスポートは、Googleデータをさまざまな形式にエクスポートするために使用できるサービスです。 Google+があった時代に、そのデータをエクスポートして、Gmailアカウントが作成された時期を知ることができました。ただし、それは不可能です。

とはいえ、正確なアカウント作成日が必要なく、大まかなアイデアに満足している場合でも、Google Takeoutは役立つかもしれません。ただし、手動で検索する必要があります。

Chrome、ドライブ、YouTubeなどのサービスからすべてのGoogleデータをエクスポートして、アクティビティの最も早いタイムスタンプを見つけることができます。繰り返しますが、これは必ずしも正確な日付を提供するわけではありませんが、大まかな範囲を与える可能性があります。

うまくいけば、Gmailアカウントの古さを知ることができます。そうでない場合は、Googleが最終的にその情報をアカウントで提供することを望みます。

Gmailについて詳しく知りたい場合は、 Gmail重要な用語と機能を以下に示します。