GarageBandで音楽をフェードインおよびフェードアウトする方法

フェージング効果にはいくつかの目的があります。ラジオDJは通常、フェードアウトを利用して「デッドエア」を回避します。これは、トラック間に無音がある場合や、トラックが話している場合です。また、フェードインにより、現在の曲が終了している間に次の曲の再生を開始できます。これにより、リスナーは引き続き注目することができます。

フェードインは、リスナーに衝撃を与えないようにするための良い方法でもあり、リスナーが曲に慣れることができます。クリエイティブな観点から、フェードアウトは、曲が最終的に終了したときに、リスナーに満足のいく絶え間ない感覚を与えます。

GarageBandを使用して、音楽にフェードインおよびフェードアウト効果を追加する方法を紹介します。

GarageBandで音楽をフェードアウトする方法

GarageBandでトラックをフェードアウトするには、自動フェードアウト効果を適用する方法と、オートメーションを使用する方法の2つがあります。どちらも同様の結果を達成しますが、いくつかの重要な違いがあります。

続行する前に、MacまたはiOSデバイスにGarageBandがインストールされていることを確認してください。この記事では、iOS用のGarageBandアプリを使用します。

ダウンロード: iOS用GarageBand | Mac (無料)

自動フェードアウトオプション

GarageBandには、フェードアウトを簡素化するフェードアウトオプションが組み込まれています。トラックに追加するには:

  1. ホーム画面から曲を開き、ミキサーウィンドウに表示されていることを確認します。
    ミキサーウィンドウGarageBand
  2. 右上の[設定]アイコンをタップし、 [曲の設定]を選択します。
  3. [フェードアウト]までスクロールしてオンにします。
    自動化されたフェードアウトGarageBand
  4. ヒット完了

このフェードアウトオプションでは、あまり制御できません。マスタートラックとして機能し、すべてのトラックチャンネルにフェードアウトエフェクトを追加するため、エフェクトを取得する個々のチャンネルを選択することはできません。また、フェードアウトを編集することもできません。つまり、フェードアウトが開始するポイントと、ボリュームドロップの強度と速度が自動的に選択されます。

これは、失われるオーディオが多すぎないため、短いトラックや少数のトラックで編集をフェードアウトするのに適したオプションです。また、フェードアウトのカスタマイズにあまり煩わされていない人にも便利です。

関連: GarageBandとフリーミュージックループを使用して独自のトラックを作成する方法

オートメーションによるフェードアウト

オートメーションは、トラックの音量を正確に制御できるツールです。個々のトラックに追加して、音量を変更したい場所を正確に指定できます。ツールの使用方法は次のとおりです。

  1. ホーム画面から曲を開き、ミキサーウィンドウに表示されていることを確認します。
    ミキサーウィンドウGarageBand
  2. すべての楽器を表示する左側のバーを見つけて、右にドラッグします。これにより、各トラックの設定とツールがいくつか開きます。
    トラックのオプションと機能GarageBand
  3. 左からスピーカーアイコンが表示されます。タップするとそのトラックがミュートされます。
  4. ヘッドフォンアイコンはトラックをソロにし、基本的にそのアイコンが選択されていない他のすべてのトラックをミュートします。
  5. また、ボリュームスライダーもあるので、個々のトラックのメイン出力ボリュームを制御できます。
  6. 次に、 [設定]メニューから、自動フェードアウト効果がオフになっていることを確認します。
    Fae-OutをGarageBandからオフにします
  7. 左側のバーで、(タイムラインのトラックではなく)インストゥルメントアイコンをクリックします。これにより、いくつかのオプションと機能を備えたメニューが表示されます。
  8. [自動化]を選択します。これにより、すべてのトラックが展開され、現在、直線の灰色の線で表されているボリュームがより明確に表示されます。オートメーションを適用しようとしているトラックは緑色で強調表示されます。
    AutomationGarageBandを選択します
  9. 左上に鉛筆錠があります。鉛筆ロックの上にドラッグします(タップしません)。これにより、ボリュームポイントツールのロックが解除されます。ボリュームポイントは、ボリュームを調整できるようにするものです。
  10. トラックの最後に移動し、ボリュームライン(黄色になります)をタップします。線上にドットが表示されます。
  11. ヘッドフォンアイコンを使用してトラックをソロにし、ウィンドウの上部にある再生ボタンをタップして、トラックのフェードアウトを開始するタイミングを決定します。線をタップして、そこに別のボリュームポイントを配置します。これで2つのドットができます。ドットを取り除くには、ドットをタップするだけです。
  12. ボリュームラインの端にあるボリュームポイントを見つけて、下にドラッグします。点に応じた線の曲線が表示されます。
  13. 右上の[完了]を選択ます。線と点は表示されなくなりますが、再生中にフェードアウト効果が聞こえます。オートメーションを調整するには、トラックのオートメーション機能をもう一度開きます。
    オートメーションフェードアウトGarageBand

GarageBandで音楽をフェードインする方法

GarageBandは自動フェードイン効果を提供しないため、オートメーションを再度使用します。これは、フェードアウトにオートメーションを使用するのと非常によく似ています。

  1. 左側のバーで、[楽器]アイコンをクリックします。
  2. [自動化]を選択します。
  3. 左上の鉛筆ツールのロックを解除します。
  4. トラックの最初に移動し、ボリュームラインをタップしてボリュームポイントを作成します。
  5. トラックのフェードインを停止するタイミングを決定し、ラインをタップして別のボリュームポイントを配置します。
  6. トラックの先頭にあるボリュームポイントを見つけて、下にドラッグします。
  7. 右上の[完了]を選択ます。
    オートメーションフェードインGarageBand

iOSのGarageBandで曲全体をフェードインおよびフェードアウトする

曲全体でフェードインおよびフェードアウト効果を実現する場合は、エクスポートとインポートを行う必要があります。 iOS用のGarageBandはマスタートラックを提供しないため、この方法を使用する必要があります。

関連: GarageBandでビートを作成する方法

まず、曲をGarageBandファイル自体にエクスポートします。

  1. ミキサーウィンドウから、左上の矢印をタップして、[マイソング]を選択します。これにより、トラックが保存され、ホームページにリダイレクトされます。
  2. 編集するトラックを見つけて押し続け、ポップアップメニューから[共有]を選択します。次に、曲をタップします。
    トラックGarageBandのエクスポート
  3. オーディオ品質を選択するように求められます。いずれかを選択し、右上の[共有]をタップします。
  4. ポップアップメニューで[開く]を選択し、エクスポートされるのを待ちます。ここで、ポップアップメニューで、[ファイルに保存]を選択します
  5. iOSのフォルダのためのGarageBandを見つけて、GarageBandのファイル転送を選択します。
    トラックをファイルに保存GarageBand
  6. 右上の[保存]をクリックします

次に、曲をインポートし、上記と同じ自動化手順を使用して編集します。

  1. 既存のファイルを開くか、ホーム画面からプラス+ )アイコンをタップして新しいファイルを作成します。
  2. 右上の[ループ]アイコンを選択し、[ファイル]をタップして、エクスポートした曲を見つけて、ミキサーウィンドウにドラッグします。
    TrackGarageBandをインポートする
  3. すでにトラックが含まれているファイルにインポートする場合は、左側のバーにあるヘッドフォンアイコンをタップして、新しいトラックをソロにすることを忘れないでください。
  4. 次に、上記の手順に従って、オートメーションでフェードインとフェードアウトを適用し、[完了]をクリックします。
    トラック全体のGarageBandの自動化

GarageBandで音楽のフェードが簡単に

音楽のフェードインとフェードアウトは、ほとんどのミュージシャンやプロデューサーがいつか使用するシンプルでインパクトのある編集テクニックです。 GarageBandはプロセスを簡素化し、iOSデバイスまたはMacですばやく作業を完了できるようにします。