FTCはソニーのバンジー買収を調査します

連邦取引委員会(FTC)は、ソニーによるバンジーの36億ドルの買収に関する調査を開始しました。ソニーは1月31日にDestinyの背後にあるスタジオを購入する計画を発表しましたが、 MicrosoftがActivision Blizzardを700億ドルで購入する計画を発表してから2週間も経っていません。これは、連邦政府機関も検討しています。

The Informationのレポートによると、状況に詳しい情報筋によると、FTCの最新の調査は、テクノロジーセクター、特にゲーム側で行われている統合への積極的なアプローチを示しています。ゲーム業界の買収を精査するこの傾向の功績は、ジョー・バイデン大統領が昨年FTCの議長に任命したリナ・カーンにあります。

ソニーによるBungieの買収に関するFTCの主な懸念は、契約が成立した後、ゲームをPlayStationプラットフォーム専用にするかどうか、特に新しいPSPlusサブスクリプションサービスで行うかどうかです。そのような独占権がマイクロソフトや任天堂などのライバル企業との競争を妨げるかどうかを探求するように見えます。ソニー・インタラクティブエンタテインメントの社長兼最高経営責任者であるジム・ライアンは、同社が合併を発表した同じ日に公開されたブログ投稿で、バンジーは契約が成立した後も独立したマルチプラットフォームのゲームスタジオおよびパブリッシャーとしての地位を維持することを明らかにした。バンジーは、合併の理由はゲーム以外のエンターテインメントの見通しを拡大することであるとさえほのめかしました。

連邦政府の調査は取引を完全に阻止するわけではないかもしれないが、それは潜在的にその締結を6ヶ月以上遅らせる可能性があり、おそらく2023年までの締結日を延期する。