Final Fantasy VII RemakeはSteamDeckで(ほぼ)完璧です

Square Enixは、25周年記念ライブストリーム中にSteamでファイナルファンタジーVIIリメイクをサプライズでリリースしました。これは、ゲームがSteamDeckVerifiedであるという事実に大きく依存していました。正当な理由もあります。 Final Fantasy VII Remakeは2年以上前のものであり、PCでEpicGamesStoreから6か月間しか入手できません。

私は弾丸を噛み、ゲームを3回購入して、1つの質問に答えました。SteamDeckファイナルファンタジーVIIリメイクをプレイするためだけに、もう一度70ドルを費やす価値はありますか?これはゲームの堅実なバージョンであり、私が予想していたよりもはるかに優れていますが、スクウェア・エニックスが将来のアップデートで対処することを望んでいる大きな欠陥がまだ1つあります。

Steamデッキで遊ぶ

ファイナルファンタジーVIIリメイクがSteamDeckで実行されています。

Final Fantasy VII Remakeは流動的な戦闘がすべてなので、Steam Deckバージョンがデフォルトで30フレーム/秒(fps)の上限に設定されているのを見て、すぐに心配しました。ありがたいことに、スクウェア・エニックスは保守的だったようです。私は最初のミッションを通過することができ、スコーピオンセンチネルのボスはほとんど60fpsを維持しながら戦いました。

しかし、私は微調整なしではそこにたどり着きませんでした、そして残念ながら、ファイナルファンタジーVIIリメイクはあなたに妥協する余地をあまり与えません。グラフィック設定には、シャドウ品質とテクスチャ品質の2つがあり、それぞれに2つのオプションしかありません。スムーズな60fpsを得るには、両方をLowに下げる必要がありました。デフォルトのHighでは、ゲームは40fpsの範囲でホバリングしました。

スチームデッキでのファイナルファンタジーVIIリメイクの画質比較。

上記の比較でわかるように、これらのグラフィックオプションは、ゲームの外観にほとんど影響を与えません。これらはパフォーマンスをかなり向上させることができますが、両方を下げてより高いフレームレートを達成できてうれしかったです。私は60fpsで完全にロックされていませんでした(これについては後で説明します)が、フレームレートの低下はこれまでのところエクスペリエンスに悪影響を及ぼしていません。

見栄え…ハンドヘルド用

ファイナルファンタジーVIIリメイクのキャラクターモデルをSteamDeckで。

Final Fantasy VII Remakeは、Steam Deckでうまく機能しますが、PS4(PS5は言うまでもなく)よりも忠実度がはるかに低いことは明らかです。ほとんどの時間を費やす動きは素晴らしいように見えますが、キャラクターモデルを長時間見つめていると、品質が低下することは明らかです。

すべてが少し基本的すぎるように見えます。例として、上記のCloudの顔を取り上げます。より詳細な印象がありますが、その詳細はありません。それは、背景のジェシーの顔がさらにはっきりしていて、ぼやけた不気味の谷に落ち着きます。背景はより詳細に見えますが、実際、これはおそらく賢明な妥協案でした。キャラクターモデルが動いているときは、戦闘以外でも、SteamDeckの画面でそれらの詳細を理解するのは困難です。

良いニュースは、これらの低解像度のアセットがゲームの多くのカットシーンに表示されないことです。カットシーンにはもっと多くの詳細があるので、立ち止まって本当に問題を探さない限り、おそらくそれらに気付かないでしょう。

1つの大きな欠陥

スチームデッキでのファイナルファンタジーVIIリメイクでのボス戦。

SteamDeckでのファイナルファンタジーVIIリメイクの最大の問題は解像度です。低すぎず、実際には高すぎることに驚かれるかもしれません。設定できる最小解像度は720pですが、何らかの理由で、スクウェア・エニックスではSteamDeckで4Kをはるかに超える解像度を設定できます。

AMDのFidelityFXスーパーレゾリューション(FSR)がSteam Deckに組み込まれているため、540pなどの低解像度で有効にすると、フレームレートが大幅にスムーズになります。かなり一貫性がありますが、Scorpion Sentinelからの大きなスラム攻撃と戦闘への移行時に、ゲームは40fpsの範囲に落ち込みました。

ファイナルファンタジーVIIリメイクのグラフィックオプションが少ないことを考えると、解像度を下げることがさらに重要になります。 Steamデッキで最初の数時間しかプレイしていませんが、ゲームの後半ではフレームレートが60fpsをはるかに下回ると思います。グラフィック設定だけでパフォーマンスを向上させるための帯域幅があまりないことを考えると、FSRはそこで大いに役立ちます。

それでも、SteamDeckでのファイナルファンタジーVIIリメイクには本当に満足しています。ひどく動くと思っていましたが、そうではありません。これは賢明な妥協を伴うスムーズな体験であり、ValveのハンドヘルドゲーミングPCで3度目のMidgarの旅を終えることに興奮しています。