Devial​​et は、2 つのサブウーファーを小さな財布サイズのスピーカーに収めることに成功しました。

フランスのオーディオ会社であるDevial​​etは、ハイ スタイルとハイ パフォーマンスを融合させたスピーカーの作成を常に試みてきました。その最新作である $790 の Devial​​et Mania は、その公式に新たなひねりを加えています: 携帯性です。ブラック、グレー、および 24 カラットの「ムーンゴールド」装飾を使用した 990 ドルのパリ オペラ エディションが用意されています。 3 つすべてがdevial​​et.comから注文できます。

Devial​​et Mania Paris Opera Edition ポータブル スピーカー。
デビアレ

高さ 6.7 インチ未満の球形の Mania は非常に小さく、 Google Pixel 7 Proよりわずか 1 インチ大きいだけですが、内部には 4 つのフルレンジ ドライバーと 2 つのサブウーファーが搭載されています。小さいですが、それでも約 5 ポンドの重さです。また、Devial​​et が Mania に最大 10 時間電力を供給すると主張する内蔵の充電式バッテリーも、その重量に貢献しています。 USB-C 経由で充電しますが、オプションで 80 ドルのワイヤレス充電ベースを購入することもできます。

同社は、これらのサブウーファーが実際のサブウーファーなのか単なるウーファーなのかについて少し確信が持てないようです。

Devial​​et Mania Paris Opera Edition ポータブル スピーカー。 Devial​​et Mania ポータブル スピーカー。 Devial​​et Mania ポータブル スピーカー。

一連の物理的なコントロールと USB-C 電源ポートは、スピーカーの正中線を包むバンドに統合されており、上部にキャリー ハンドルをシームレスに形成します。ファブリックパネルは撥水性があり、スピーカーはIPX4 耐水性評価を備えているため、小雨にさらされても損傷を防ぐことができます.

ファッション性の高い外見だけでなく、Mania にはまともなスマート機能も備わっています。Wi-Fi ネットワークに接続すると、Amazon Alexa を搭載したスマート スピーカーになり、Apple AirPlay、Bluetooth 5.0、および Spotify Connect もサポートします。同社によると、マニアは 2023 年に予定されているアップデートを受け取った後、Alexa のマルチルーム オーディオ機能を使用する予定です。

Devial​​et Mania Paris Opera Edition ポータブル スピーカー。
デビアレ

その最も興味深い機能は、Devial​​et がアクティブ ステレオ キャリブレーション (ASC) と呼んでいるものです。室内のスピーカーの位置に合わせて内蔵ドライバーを自動的に再構成します。オープンエアの場所に置くと、マニアの形状とドライバーの配置により、360度のステレオサウンドが得られます。しかし、隅や本棚に貼り付けると、後部の 2 つのフルレンジ ドライバーが調整され、前部ドライバーのステレオ操作が強化されます。 Devial​​et によると、Mania は、この自動ルーム チューニング機能を備えたステレオ サウンドを提供する唯一のポータブル スピーカーです。これは、Auto Trueplay キャリブレーションを含むがステレオ サウンドを生成しない 400 ドルのSonos Moveとの明確な差別化を図る試みのように思えます。

Devial​​et はマニアの増幅についてはあまり語らず、小さなスピーカーは 1 メートルの距離で 95 dB の音圧レベル (SPL) を生成し、周波数応答は 30 Hz ~ 20 kHz であるとだけ述べています。 Devial​​et アプリを使用すると、高音域と低音域に EQ 調整を適用できます。また、ASC が希望どおりに機能しない場合は、ASC のオンとオフを切り替えることができます。