CES 2021の新しいHPラップトップ:更新されたEnvy14がリリースされました

HPはCESのヘビー級です。同社はほとんどの場合、ラスベガスで毎年開催されるCESトレードショーで新しいハードウェアを発表する機会があります。

今年のイベントは仮想の集まりでしたが、HPはその精神に固執し、2021年に向けて4台の新しいラップトップのカバーを外しました。

平均的な消費者にとって、最大のニュースは、人気の高いHP Envy14の更新版です。

新しいリリースの傑出した仕様には、第11世代Intel Coreプロセッサー、以前の16:9画面よりも11%広い表示領域を提供する16:10画面、14でのDelta E <2カラーキャリブレーションのデビューが含まれます。 -インチ画面。

関連: Lenovo IdeaPad5GラップトップがCES2021に先駆けてデビュー

また、指紋リーダー、Webカメラ用の物理シャッター、および通話時の音声の明瞭さを維持するのに役立つAIノイズ除去ツールも用意されています。

更新されたEnvy14には、16 GBのRAM、256 GBのPCIeストレージが搭載され、重量はわずか3.5ポンドになります。 HPは、バッテリーは16.5時間持続すると主張しています。

このラップトップは今月後半に店頭に並ぶ予定で、価格は999ドルです。

CES2021でのより多くの新しいHPラップトップ

新しいEnvy14がおそらく最も注目を集めるでしょうが、HPは2021年にビジネスに焦点を合わせたElite Dragonflyの範囲も更新しました。更新されたG2モデルと、まったく新しいDragonflyMaxエディションがあります。

2つの新しいモデルには、間違いなく、相違点よりも類似点が多くあります。それぞれに13.3インチの画面、第11世代Intelプロセッサ(i3はG2でのみ使用可能)があり、最大32GBのRAMと2TBのストレージをサポートします。

どちらも、1つのUSB 3.1充電ポート、2つのUSB-Cポート、HDMIポート、およびnano-SIMスロットを備えています。

2つのモデルの最大の違いはディスプレイにあります。 DragonflyMaxは1920x 1080の解像度でのみ利用可能ですが、G2はHDまたは4Kディスプレイのいずれかで構成できます。

また、ウェブカメラにも違いがあります。 G2の上限は1.2MPですが、Maxは5MPを提供します。パンデミックのために2020年にビデオ通話に多くの時間を費やし、その傾向が2021年まで続くと予想される場合、追加の品質はほぼ間違いなくお金の価値があります。

5Gオプションは両方のデバイスで利用できます。発売時には、米国のAT&TおよびT-Mobileネットワークと連携します。

HPはどちらの価格もまだ確認していませんが、両方の新しいビジネスノートパソコンは1月に発売される予定です。昨年の価格に基づくと、1500ドル以上の費用がかかると予想されます。

CES 2021からの最新情報については、1週間を通して をフォローしてください。